スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなマンガは手元に置きたい

連載開始が昭和51年というから、35年経っていまだ完結を迎えていない脅威のマンガである。


マヤほどではないにせよ裕福とはほど遠い育ちの幼き頃のワタシには、すでに結構な数が出ている単行本を手に入れることは無理だった。一揃い所有している人と知り合って友好関係が結ばれた際にだけ有難く借りて、しかし借り物は適当な短期間で返却せなばなるまいから必死で出来るだけ何度も通読し、満足しきって大いに感謝し返却した。

しかし好きなマンガは手元に置きたいものだ。好きになったマンガには必ず自分のお気に入りのエピソードや場面があるもので、通読はそう頻繁にはしないにせよ、そんなお気に入りの箇所は度々見たいものである。

ワタシはマンガ文庫というものにつくづく感謝し、その素晴らしき功績を大いに讃えたい。
自分で稼ぐようになった頃にちょうど『ガラスの仮面』がマンガ文庫で出るようになったのだ。もちろん飛びついた。幼い頃から手元に置きたいと思っていた念願がやっと叶った。今考えると稼いでいるのだから単行本を全巻揃えることも難しいことではなかったはずなのだが、たぶん文庫本の手軽さとお得感に意識を持っていかれていたのだろう。
ワタシは当時から結構な酒好きで仕事帰りにちょくちょく行きつけの一杯飲み屋に行っていてその時間がとても好きだったのだが、『ガラスの仮面』はそれをあっさりと凌ぐものだった。文庫版が出るたびに心の底から嬉しくて、出るたびに最初から読み直した。
当時の世の中はバブル景気の香りがまだまだ残る雰囲気なのに、高価なブランド物・豪華なディナーや派手な遊びから背を向けて、本屋に日参するワタシは一体どーいうヤツだったのか。他者の意見から察するに意外とバブリーな見た目だったようなのだが、それはまさに仮の姿。実際そーいう服しか当事はあまり売ってなかったしさ。中身はマンガ少女がまんま大人になっちまったよーだ、って感じだったと思う。

稼いでるとは言っても微々たるワタシの収入。そしてバブル景気に沸いた頃でもワタシの家はそれなりに貧しく慎ましやかだった。なのでワタシはマヤの育ちにとても親近感が湧いた。


(予告どおり続きます。)
スポンサーサイト

読み始めてから30年近くになります

2009.01.28


ホントに厄介なマンガだと思う。
一体いつになったら終わることやら。
っていうか、無事終わるの?

42巻、これまでずっとスルーしてきた。あまり大きな展開が望めないように思えたから。で、4年ぶりの新刊43巻発売。これを機に同時購入。


しばらく『ガラスの仮面』の話になります。

素人ヘボカメラマン

まだまだ『AFRIKA』。

他の人のプレイスタイルが知りたくてネット上を彷徨ってみましたところ、見かけた情報で驚き。
依頼が全部で100くらいで、そのすべてをクリアしたプレイ時間が大体30時間程度らしい。ワタシまだ依頼40くらいしかクリアしてなくてもうすぐ40時間。遅い、遅すぎる。

それほど素晴らしい写真が撮れているというわけでもなく。広角レンズと望遠レンズを使い分けたりして、でもそれほど画的に効果が出ているとも思えぬ素人カメラマンです。
被写体を探すのにも無駄に時間かかってるし。特に鳥類はすぐ見失うし。どんくさい。
ゾウに吹っ飛ばされシマウマに立ち蹴りくらわされあちらこちらでシャーシャー威嚇され。

ワニを撮ったんだけど爬虫類苦手です。遠隔操作で撮影してるのにファインダーにワニがシャーと威嚇した画が出るだけでビビる。うへーっとかホントに叫んでしまうし。
逆にまったりモードのライオンの猫っぷりに萌える。かわいいのぉ。
マサイ族の青年にも出会いました。彼はいつもひとりでいるんだけど、お仲間はいないのかしらん?いつもいるわけではないけど、出会えたらいろいろ情報をくれます。いいヤツだ。

なんかこれからワタシは夜間撮影に出なければいかんらしいです。機材が勝手に送りつけられてきたからさ。

PS3は居間のテレビに接続してるので結構な時間を占領しちまってるのですが、家人はみなわりに好意的に遊んでいいよーと言ってくれるのでガツンガツンとプレイ時間が増えます。
開始当初はみんな面白がってギャラリー化していた(ひとりがプレイするのを囲んでやいやい言いながら眺める昔のファミコン少年たちのように)のですが、シャッターチャンスをねらってひたすらジーッとジーッとしている時間が長すぎるせいか、最近は誰も見学してくれません。
「ねーねー今日AFRIKAでこんなんがあってあんなんになっちまっただよー」と誰かしらつかまえて報告を無理矢理に聞かせる始末。

SAFARIへGO!

PS3の『AFRIKA』をプレイ中。

アフリカのある未調査の地が舞台で、依頼に応じて動物の写真を撮ったりします。
それだけ。ただそれだけのゲーム。それだけなんだけど、なんかはまる。

別に依頼なんか受けなくてもいいのですが、それらをクリアしていかないと出現しない動物やマップ、イベントがあるし、報酬がもらえないことにはよりグレードの高いカメラとレンズが入手できません。そのへんはRPG的とも言えますが、うおーっ今夜はレベル上げだぜーっ、みたいなのではないです。

ゲーム開始後わりとすぐにあった依頼で「カバのあくびしてるところを撮ってよ!」というものがあったのですが、現場に行ってカメラ構えててもそうすぐにうまいことカバがあくびしてくれるわけでもなく。動物はこっちの思うように都合よくは動いてくれません。無防備に近づくと警戒されて下手すると威嚇→襲われるって展開に。襲われたからって死ぬ=ゲームオーバーってわけではないのですが、カメラ内のデータが吹っ飛んでしまいます。で、草むらとかに潜んでシャッターチャンスをねらうのですが。待つんです。ただじっとあくびする時を待つんです。待って、待って、キターッ!て撮る。つまりはそういうゲーム。

で撮ったはいいけどプレビューするとなんかいまいちだったり。いい写真撮るのって難しい。
撮った写真はアングルやテクニックなどで評価されて、それにより報酬も変わります。いまいちかな?と思った写真が思わぬ高評価だったり、バッチリ!と思っててもそれほど評価されなかったり。

評価も気にはなりますがそれ以上に自分が納得いくっていうか気に入る写真が撮りたいと思ってしまって、依頼がなかなかこなせません。依頼と全然関係ない写真だってどんどん撮ってしまう。でもこれってそーやって遊ぶものなんだと思う。

ゲームとはいえどPS3なのでなかなかリアルな画です。結構な疑似体験です。フィールドをぼんやりと眺めているだけでなんともいえない大らかな気分にさせてくれます。一日中眺めててもいいなーと思うのですが、なんといってもPS3本体の電力消費が凄まじく他の電気製品使用が制限されてしまうので無理なわけですが。ブレーカーたびたび落ちてるし。

明けました。

出遅れ過ぎなのは重々承知しておりますが、これがワタクシのペースでござい。本年もゆるゆるとよろしくお願い申し上げます。

年末年始は相方の里に帰省しまして、ただダラダラと食べガブガブと飲みグダグダとテレビを見続け。肩がこる挨拶回りや来客接待祭りなんかとは全く無縁なのは大層楽ではありますが、ひたすらなにもすることがないっていうのも退屈をちょっぴり通り越してしまいます。


マンガと小説を読むくらいしか楽しみがない、というよりそれ以外の娯楽にあまり興味がむかないので、今年も散財しすぎない程度に本屋へ行きます。
あ、でも今年はぼちぼち映画も観たいです。自宅でDVDですが。入手するだけしてまだ観てないのが山積みだし。そんなんばっかりの我が家。昨年は山積み本の消化に勤しんで結構な成果があったので、今年は山積みDVDの消化に勤しもう。
いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1282位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
694位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。