スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコ

ネコが好きだ。
できれば一緒に暮したいのだが、現状では無理である。(こちらの記事を参照)なのでネコマンガを読んでニヤニヤしたりしている。

でもネコマンガならなんでもいいというわけではない。大きく分けてフィクション系と日記系があるけれど、その根本はマンガであるからして、ワタシの趣味に合うものでなくてはいけない。ストーリーものの場合は画風が肌にいまいち合わなくともストーリー重視なので面白いと感じれば読むけれど、ネコマンガの場合はやはり画風も重要である。

ネコが好きなのだから当たり前だが、容姿でも仕種でもなんでもかんでもとにかくネコそのものをカワイイと思っているわけだ。で、ワタシのカワイイは「むはーっカワイイのぉ」であって「きゃるーん!カワイイ♪」ではないのだ。このへんはニュアンスでわかっていただきたい。この「むはーっカワイイのぉ」というワタシの基準に合ったようなネコマンガでないといけないわけである。ただし合う合わないの線引きは非常に曖昧であり、ずばりここが境界線ですっとは自身で断言できないので、エラソーに言っておいてなんだがどうもすみません、と先に謝っちゃう。


日記系から。
寺島令子『ただすけ日記』、ものすごくフツーな感じ。同時にそのフツーさがいい!と思った。実家にはネコが2匹いて、ネコがいる暮らしがごく当たり前だった。相方と暮すようになってワタシの日常からネコの姿がなくなり、それはワタシにはちょっと不自然で淋しいものだった。どうでもない時にニャーとなくもののない寂しさよ。で、マンガの中のフツーにネコがいる暮らしは共感と同時に憧れになった。同じくセンセの『くろくま日記』『続くろくま日記』も同様である。女王様然としたくまこがカワイイ。

五十嵐大介『カボチャの冒険』は、高い画力で農村の自然が繊細に描かれていて、そのうえでネコ飼いのデレっぷりが漏れてるあたりがいい。山の中に散歩に出かけているであろうカボチャが、獰猛な肉食獣の攻撃を軽々とかわし華麗に反撃する冒険譚を妄想するエピソードには大いに笑った。



ゆずとサバのことは続きへ。



スポンサーサイト

おやすみ前には

みっちり内容の詰ったマンガはもちろん面白いのだけど、ちょいと息抜きに、とかおやすみ前にちょいと、とかにはあまり読みたいものではない。4コマ系とかエッセイマンガとかがゆるくていい感じだ。(エッセイマンガ、一般にはコミックエッセイとか言われるらしいけど、コミックという言葉が何故かあまり好きでないので、エッセイマンガと勝手にワタシが称しております)


森下裕美の『ここだけのふたり!!』は基本はほのぼのファミリーものではあると思う。
中心人物は高校教師の夫と、その元教え子である妻。彼らと彼らの親族や近所の人々、夫の勤務校の生徒たちなど繰り広げる日常が描かれているのだが、その毒気がとても面白い。皆それぞれに奇妙だったりマニアックだったり不条理的だったりする極めて個性的なキャラクタ揃いである。
そしてなんだかんだと皆仲がいい。
たきえという、妻と一番仲がいい奥さんが食欲がなくて具合があまりよくなさそうなのをたきえの夫は心配して炊事を引き受けようとするのだけど、たきえはそれを断り「妻のところに行ってもいいか電話して」と夫に頼む。妻の頼もしいばかりの食べっぷりにつられて一気に食欲がわき、もりもりごはんを食べるたきえだった、という「たきえの薬」というエピソードがものすごく好きだ。ふたりはホントに仲がいいんだな、とほんわかとさせられる。
毒気とほのぼの(またはほんわか)の間から生まれる笑いが大笑いだったりニコニコだったりする。面白い。


寺島令子の『うどんランド』もほのぼのファミリーものである。
妻のはるよと夫の武司さんの家庭生活と、はるよと奥さん友達の高橋さんと田中さんとが日々繰り広げる井戸端会議が描かれている。関西色が結構濃くてベタである。吉本新喜劇でお約束のそれぞれの持ちネタを見た安心感のようなもの、それがいい。大きな心配事を抱えるでもなく、のんびりと日々を暮すはるよたちはのびのびしている。和む。

同じく寺島センセの『愛の若草山物語』は30歳目前の独身貴族である静香と大学生の妹とお父さんお母さんとの4人家族の暮らしを、これまた関西色濃くベタに描いている。
静香ははまりやすくのめりこみやすいオタクっぽさがあり、恋なんかよりも趣味に走るばかり。それなりの年数の会社員生活のせいかオヤジっぽさまで加わって、ワタシはそこに妙に親近感を持たされる。ワタシも静香みたいなOLだったなー、と思い出したりするのだが、現実はやはりいろいろとありました故、マンガの中の静香ののびやかさがうらやましく思う時もある。


現実や過去の自分と照らし合わせてちょいとばかりもの思いにふけるとしても、4コママンガだから引きずられない。ストーリーものはシンクロすると疲れる。
おやすみ前は夜食もマンガも軽めがいいです。



女と男の間には

男女逆転大奥、すなわち将軍が女で、大奥で将軍の寵愛を競うのが男である。

若い男性だけが罹る伝染病のせいで男女の人口比率の均衡が崩れ、社会全般において立場や地位が男女逆転した世界である。畑を耕すも物を売るも政治を動かすも女性がその担い手のほとんどだが、子を孕み産むのも当然ながら女性である。男は数少ない種の担い手である。貧しき家のものは種を売り生計を立てざるを得ない。子を産みたくとも相手のあてがない市井の女のためにボランティア精神で種を提供する男もいる。
将軍の一の仕事は徳川の世の安泰のため子を孕み産むことだ。将軍は畑の、将軍の寵愛を競う男たちは種の価値を多く求められている。精神の平安を保つには困難が生じて当然であろう場所が大奥なわけである。

繁殖のメカニズムがどれほど研究されようとも人間自身の手でそれを完全に制御するのは現代においても無理であろうし、「恵まれるもの」である価値は古来より変わらないと思う。期待と結果は一致しないのだ。愛情と繁殖は表裏一体のようでありながら、その間には多大な距離がある。

人間において、セックス=繁殖行為ではないわけである。それは本能だったり、娯楽であったり、コミュニケーションだったりするのだ。そこに繁殖の結果ばかりを望むまたは望まれるようになれば、人の気持ちはどう左右されるのか。

少子化が問題になっている。
「子供を産みやすく育てやすい社会」を政治家のセンセイたちが作ろうとしているらしいが、そんなものは政策でどうにかなるものなのだろうか。大体「子供を産みやすく育てやすい社会」とはどんな社会なのだろうか。それは決して即物的なものだけではないとワタシは思う。


ワタシが新刊を楽しみに待っているマンガの数が昨今ずいぶんと減ったしまったなかで、よしながふみ『大奥』は続きをとても期待する数少ないひとつである。
既刊5巻。
八代将軍吉宗が男前だ。





やっぱり美味しそうだった

ポーニョポニョポニョさかなのこ~♪ってものすごい耳に残る歌なわけだが。たぶん国民の相当数が歌えるよね。

先日やっと観まして。
まことにほのぼのとじんわり味わいのあるものだったです。宗介はとても良い子で、ポニョはとても素直で、大人も老人も良い人ばかり。


下の娘はまだまだ幼児であるからして、集中力の持続時間がまだまだ短い。子供向けのアニメ映画も90分程度以上尺があると、途中でソワソワしてしまうか最後まで見られないかが大半である。
その娘がこれまで初見始めから終わりまで集中して見た映画が『となりのトトロ』であった。さすがトトロである。サツキとメイはちょうどうちの娘たちと同じ年のころの設定だ。おそらくおともだちの姉妹を見ているような感覚なのだろう。他人のような気がしないのではないかとも思う。トトロやまっくろくろすけ、ネコバスが活躍するさま以上にサツキとメイの行動や発言に大喜びしている。何度も見ても見飽きないらしく、しかしヘビーローテーションでトットロトットロ~♪と再生するのはさすがに辛くなり、悪いと思いつつ一時封印した始末だった。

で、『崖の上のポニョ』である。
下の娘ははじめからおわりまで食い入るように観ていた。おお、凄い。宗介も人間になったポニョも下の娘と同じ年のころである。やはり同年代というのがよろしいのだろうか。

いちいち追求するなら細かな裏設定のようなものが多くあるのだろうけれど、そういった細かなことや伏線といったものがさっぱり取り払われていた作りでただ素直に観ていればよかったので、ワタシも単純に面白く観た次第である。肥えた目で観賞する必要がない、というのは実のところエンタテイメントとして大変重要であると近頃思うようになった。ただシンプルに面白いということの貴重さは、ちょっと斜め目線で物事を見ることがかっちょよく思えた若い年頃には認めがたかったことである。

ところでジブリ映画はいつもいつも美味しそうなものが出てくるので有名だが、ポニョもいろいろ美味しそうだった。宗介とポニョが食べてたチキンラーメンであろうそれを見て、食べたい!あれ食べたい!と娘が要求するほどに美味しそうだった。
サツキの作った質素なお弁当も娘たちには大変素晴らしきお弁当に見えたようだし、パズーの目玉焼きトーストはうちの朝ごはんのひとつになった。
ワタシの「映画でもマンガでも小説でも、美味しそうに見える描写があるのは素晴らしきことであり重要」というのは受け継がれているらしい。


ホントのところワタシが観たい映画はほかに山のようにあるわけだが、こどもとアニメ映画を観る時期は一時しかないだろうとも思うわけで、そのうちイヤになるくらい観たいものが観られる時間ができるようになるだろうし、それはたぶんそんなに先のことではないだろうから、今はポニョでもポケモンでもまあいいさ。



少女マンガ読みなもんですから ~S&Mシリーズについて その2

ミステリィ小説なわけである。
なので少女マンガ的要素は散りばめられているけれど、少女マンガ的に彼らの関係が展開するわけではない。むしろ、ああもう!こいつら早くどーにかなっちゃえよーと思わされる場面が多々である。しかしそれがさらに妄想をかきたてることにもなるでしょうけれど(ニヤリ)。
事件のトリックや全容には「へぇー、なるほどね」とか「いやー、すんごいわー」とか感心するばかりのとても”いい読者”たるワタシである。素直な擦れていないミステリィ読者なわけである。ワタシにはその方面の発想力がさっぱりない所以だ。(オチがわからないとかはさすがにないよ)
しかし少女マンガ的要素には鋭くなりますわよ。うるさいわよ。一家言あるのよ。


S&MシリーズからVシリーズ、以後続くシリーズものに時系列に前後があるにせよ繋がりがあることを聞きかじった。
これは一種ネタバレの域なのだがワタシは別にネタバレとかどうでもいい方だ。ネタがバレたところでじっくり自分が読んだときにしっかりと感動や感心があるクチのワタシである。伝聞は所詮伝聞に過ぎない。経験には勝らない。むしろなにも知らなさ過ぎて突然知ったときのショックは心臓に悪い。ワタシは高血圧の家系だから。もちろんネタバレで台無しになるものもあります。でもそれはすべてにおいてではないと思うのよ。ネタバレネタバレ!ムキーッ!!ってなってしまう性分の人は疲れるんじゃないかなーって思ったり。

話を戻して。
犀川創平と西之園萌絵は別のシリーズにも登場するようだ。彼らの関係がどのように発展するのか、気になるならどんどん読んじゃいなよ、みたいな、なのでどんどん読もうとまんまとのせられたクチのワタシなわけであるが、これもまた縁。これが佳き縁とはならなかった読者もいらっしゃるだろう。

やはりワタシは正統派のミステリィ読者では絶対なれない。でもよいのだ。ワタシが小説を読んで面白いと思えば、すべてそれでいいのだ。だから万が一ミステリィ小説の正統派な読者の方がここを読まれたとして、君の読み方は間違っている!とか思われるだろうけれど、糾弾するのはやめて下さい、すんません。ひとりでそっと楽しんでいるだけなので見逃してください。



『すべてがFになる』『笑わない数学者』『幻惑の死と使途』が特に好きである。で、少女マンガ的エピソードで悶えたくなるのが『詩的私的ジャック』『封印再度』『今はもうない』である。
参考までに。




少女マンガ読みなもんですから ~S&Mシリーズについて その1

ワタシは天才キャラクタが大好きである。お嬢様キャラクタが大好きだと言い続けてきたが、それに天才がプラスされると言うことはない。
しかし天才キャラクタにもその人間性が垣間見えなければいけない。ただの天才ではなんの面白みもない。読み手のワタシは凡人であるが故、ドライに淡々と天才ぶりを見せ付けられても、さっぱり理解しかねる数式を羅列されてるが如くなのだ。天才でもどこか泥臭さがあっての人間だものBYみつをって感じでなければならない。理解しがたい言葉ばかり発するも別に構わない。でもそんな天才がカニの身をほじるのに悪戦苦闘していればそこに可愛げが生まれる。
そして振る舞いは上品でありながら、時に大胆に行動しなければならない。天才お嬢様が暴れる姿は見ていて読んでいて痛快なのだ。己の立場や地位を十分に理解した上での図々しさを持ち合わせ、しょーがねーやつだなーと周囲の庶民に思われつつも何故か愛される、ワタシが見たい読みたい天才お嬢様キャラクタはそれなのだ。


西之園萌絵というキャラクタがどうしても好きになれない読者も多いかと想像する。しかし彼女はワタシの好む少女マンガに存在したら嬉しくなってしまうキャラクタなのだ。

西之園萌絵が恋する犀川創平助教授はS&Mシリーズにおける探偵役である。
頭脳は素晴らしきものなのだけれど本人は自覚があまりない。取り立てて伊達男というわけでもなく、物欲も性欲もさっぱりないように見える枯れた地味な感じの男性といったところか。

しかし西之園萌絵にとっては至上の男性なのである。トータルでイケメンなのである。萌絵が危険な状況に陥っているとき、犀川助教授が颯爽ととは言えないけれど出来うる限り精一杯の力をもって萌絵を助けるのだ。このヒロイン状態に萌えないものか。少女マンガならではのお約束ようなサービスである。
そう、萌絵の恋はまるで古典的少女マンガのようななのだ。

(続きます)

ミステリィ小説とワタシ その2

時に素晴らしき出会いを求めてちょこちょことミステリィ小説をつまみ食いしてみたが、京極堂シリーズのようにドはまりするものには出会えなかった。古典名作も読んでみたりしたけど、所詮つまみ食い程度で佳き縁を求めるのは無理だった。内外膨大な有名作があるのだ。これは文学も同様である。まさしく恋と同じく縁なのだ。有限の時間であらゆる書物を読むのは凡人には不可能である。天才ならばいざ知らず。

これより後、やはり長くワタシはミステリィ小説とのお付き合いはあまりなかった。時代小説にプチはまりしたりした時期もあったし、けれどどちらかというと小説からは少し離れたように思う。私的な時間がしっかり取れないので、ゆるーい読み物ばかりに手を出すようになった。
でもゆるーいのばかりだとたまにはがっつり活字を読みたくなるものだ。質素な和食ばかりの日々には久々の焼肉が素晴らしきご馳走だったりするのと同じだ。できればそのへんバランス良くいきたいものである。本屋に出向くと家計に迷惑をかけまくるわけで、庶民の味方公立図書館に佳き縁を求めて通ってみた。

出会ったのは森博嗣の『工学部・水柿助教授の日常』と『工学部・水柿助教授の逡巡』である。森博嗣ファンの方々には叱られそうなチョイスだ。森氏がミステリィ小説作家であることはぼんやりとは知っていた。しかし如何せんそのジャンルには鈍いワタシである。図書館で何気に手に取りページをめくってみた。全然ミステリィではない。しかしなんか変に面白い文章である。もちろん借りて帰ったわけだが、いやはやホントに面白かった。どこが?とは聞かないでいただきたい。どこ、というのでなくなんか全体的に変に面白かったとしか言いようがないのだ。とりあえず自分の日常においてむやみに考え込んだり悩んだりするのが馬鹿馬鹿しくなるような気持ちにさせてもらえる脱力系だった。別にその時何事か悩みを抱えていたわけでは全然ないのだが、なんかそんな風に感じた。ちなみに「元気をもらう」とか世間ではよく使われる言葉のようだが、ワタシはこの言い回しは嫌いだ。「夢を与える」も嫌いだ。元気には自分でなるものだし、夢は自分でみるものだ。

話を戻して。
我が家の山積みの大量の本を探索すると意外なジャンルの本が発掘できたりする。それほどに散財しているなによりの証拠なのだが。ふと思い出したのだが、我が家には森博嗣のデビュー作『すべてがFになる』があったはずである。ずいぶん昔に相方が購入したのだ。探してみるとやはりあった。相方が読んだ形跡はない。読もうと思って買ったものの時機を逃したか忘れていたかのどちらかであろう。


これがワタシの森博嗣S&Mシリーズとの出会いだった。



ミステリィ小説とワタシ その1

テレビドラマを若い頃からあまり見なかったので、海風荒々しい崖で刑事でもない素人探偵の主人公が不幸な過去を持っていたりする犯人に切々と犯行のトリックを告白させたりする二時間ドラマなんか、トレンディードラマよりも尚更見なかった。

ところがワタシの相方は二時間ドラマ(火曜サスペンス劇場とかね)好きだった。ワンパターンとはわかっていても、シリーズもののお約束が好きらしい。小京都ミステリーシリーズ、十津川警部シリーズ、水谷豊の浅見光彦シリーズなどなど、相当数のシリーズもの二時間ドラマを見るはめになってしまったけれど、確かにシリーズ化されているドラマはみな多くが有名ミステリィ小説作家のものが原作で、ワンパターンなれどそれなりの面白さがあった。

ドラマ化すると原作よりもクオリティが落ちるという印象が強くワタシの観念にあって(実際そうじゃない?)、っていうことは二時間ドラマでもそこそこ面白く感じたならば原作はもっと面白いんかな?と思うのは自然である。しかしどうにもミステリィ小説というのは若者が読むようなジャンルではないような固定観念がワタシにはあった。だからドラマの原作を読んでみることは決してなかった。

ふと思い出すに、小学校の図書室で借りて夢中で読んだシリーズがあった。それは女子高生くらいの女の子が素人探偵となり事件を鮮やかに解決する、海外の少年少女向けミステリィ小説シリーズだった。タイトルとかさっぱり覚えていないけれど、もう夢中になって読んだと思う。ミステリィ小説にはそういった中毒性みたいなものがあるのかもしれん、と思ったりもした。が、しかしワタシがその後にミステリィ小説を読むことはやっぱりあまりなかった。

幼き頃から本屋さん大好きなワタシだが、フロアすべてをくまなく巡回するわけではない。自分の好きな分野あたりしかやっぱり巡回しない。だからミステリィ小説と縁のなかったワタシには、相方の読んでいる小説に見覚えがなかった。結構夢中になって読んでいたので聞いてみると面白い推理小説だという。読んでいたのは京極夏彦の『絡新婦の理 』だったと思う。ちょうど手持ち無沙汰だったワタシは気まぐれにもじゃあ読んでみるかとシリーズ1作目『姑獲鳥の夏 』を読み始めた。(またもやきっかけが相方というのがなんだか自分に対してむかつくところである)それから刊行されていた「京極堂シリーズ」を一気に読んだ。確かに面白かった。事件云々ももちろんなのだけれど、登場人物が様々にとても魅力的だったのだ。っていうか、そうじゃなかったら読めなかったと思う。

事件のトリックや真相は確かに興味深い。でもそれはワタシにとってはキャラクタの面白さや思わず笑ってしまったり感心して呻らされたりする会話の面白さとかの比ではなかったりする。ワタシはつくづくミステリィ小説には向いていないのではないかと思った。正統派のミステリィ小説読者はどこに重きを置いて読むのだろう。キャラクタに重きを置いてしまうことはやはりいけないことなのだろうか。


(続きます)

最近のワタクシ

ドラクエ9に夢中になっていたけれど、楽しき日々はポケモン「ハートゴールド・ソウルシルバー」発売とともに消え去ってしまった。
7月が誕生日の上の娘は9月のポケモン発売まで誕生日プレゼントを待った。待ててしまうくらいに欲しかったのだろう。それほどに楽しみに待っていたわけだし、手に入ったならばそりゃあがっつりと遊びたいだろう気持ちをワタシはよーくわかっててよ。確かにワタシはずいぶんとドラクエ9でDSを占領し続けた。ここはきっぱりと引き渡さねば。

というわけで、急に手持ち無沙汰気味になってしまい。めちゃ大掃除とかすればいいんかもしれないけど、どうもそういった気分にもなれなくて。腰を落ち着けてマンガ読む気分でもなかったし。んじゃ小説でも読むかーと読み始めた。もうすでに読み終わったシリーズものの読み直し。うは、やっぱりおもしれー。寝ても覚めても読みっぱなし。
ふと、あー最近ドラクエ以外の記事書いてないなーと思ったけど、ドラクエしかやってなかったからしょうがない。マンガ読んでもなにか書きたくなるようなことが思いついたわけでもなかった、というよりほとんど読んでなかった。
気まぐれにしか更新しないけれどちょっと見栄え良く改装もしたいなー、とか思いつつもひたすら小説を読んでいた日々でした。さしづめ活字吸収の日々でした。

というわけでご無沙汰しておりました。吸収ののちは放出でございます。
家人がすわインフルエンザか!?とお医者に走ったり、うわあぁぁぁ!!!と自己嫌悪に陥ってみたり、下の娘の幼稚園入園手続きなんかしたりしてました。
不況の風にさすがに煽られて、食卓が相当質素ながらも妙に健康的かつ栄養価はなかなか評価できるような感じでございます。
いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
622位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。