スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生男子

下の娘と近所の公園なんぞに出かけてみると、春休みの小学生たちが外で遊んでいるのを多く見かけるのだが、男子はまさに『毎日かあさん』に描かれている小学生男子そのものなのが笑えるのだ。うちには娘しかいないので「笑える」のだが、日々彼らの世話をする各かあさん方のご苦労は想像に難くない。


本日公園で見かけた男子たち。
ひとりは自転車でひとりは歩き。一緒に公園にやってきたのだがてんでバラバラに遊びだす。その公園は川の土手の下にあって、そのうち自転車男子が「オレここからあがるわ!」と自転車を押しながら土手を上がり始めたはいいが、結構な勾配に立ち往生。ともだち歩き男子助けに来ず。ほってはおけないのでワタシが手を貸してやって自転車は無事堤防の遊歩道まで上げられた。「ありがとうございまっす!」と元気良く好ましい言葉を残し自転車男子はどこかに去っていった。

一方歩き男子はそのままブランコに激しく乗ったまま。一緒に遊びに来たのじゃなかったのか?しばらくひとりで遊んでいた歩き男子はふらりとどこかに一旦去ったもののまた戻ってきてひとりでちょろちょろ遊んでいた。なんとなく気になったので声をかけてみた。

「さっきの自転車の子と一緒に遊んでたんちゃうの?それとも誰かほかの子と約束してるん?」「んーとな、虫捕りに行く約束してるからここで待ってるねん」とのこと。自転車男子が去ってからゆうに40~50分は経っているのだが。

それからまたしばらくして先の自転車男子がもうひとり自転車男子を連れて戻ってきた。

歩き男子「虫おったー?」
先の自転車男子「おらんわー」
歩き男子「ほんならオレ帰るわー」

ええ!?虫捕りやめてほかのことして遊ぼう的展開がそこは普通なのでないか?ずっと待ってたのに帰るの!?
公園から立ち去りつつそんなやりとりが繰り広げられていた隣で、もうひとりの自転車男子はこれまた急勾配の短い下り坂を「オレ、ブレーキかけんと走るでーーー!」とか叫びながら疾走していた。


こういうカオスな感じの小学生男子の姿を見るにつけ、なんだかんだ言ってものどかだなー、と思う。


スポンサーサイト

Wi-Fi

春といえば異動の時期ですが。

相方に激しく異動があるかもしれぬ、ということでなんとなく地に足がつかないようなぼんやりとした気分の日々をそれはなかなかに長くすごしておりました。結局それはお流れになったので、やっと平常運転に戻ったところです。転勤とか単身赴任とかっていうのは本人が一番大変だけど家族も大変なのよ。


更新停滞の間に、ネット接続ができなくなってPCぶっ壊れたか!?ということがありました。LANカードが壊れたんかもしれんということで、それとついでにずいぶんと長く使ってたしょぼいルーターとありえんくらいにまともに働かなくなった外付けのDVDドライブも取り替えることに。

ネットはウイルス対策ソフトが頑張りすぎたせいで繋がらなかっただけでした。相方がなんぞ激しくやりすぎたのか勝手にソフトが戒厳令を出してたそうで。
PCの故障を疑ったせいというかおかげで、本体カパッと開けてうちの中身初めて見た。すごいほこりが溜まってたから掃除できてよかった。LANカードがうちのはオンボードだっていうことも初めて知った。ルーター替えたおかげで通信速度も格段にあがったらしく。


で、それらの買い物の更についでに長く長く購入を悩んでいたWi-FiのUSBコネクタも買ったのさ。
ああ、買ってよかった。こんなに安いのにどうしてこれまで買うのを躊躇してたのか。
ドラクエ9もWi-Fi接続できないばかりに、なんか目的を見失って放置してた。いちいち家電量販店とかマックとか行ってダウンロードしてたんだけど、もうそれが「わざわざ」行かないといけないっていうのが大変めんどくさくて結果放置。
今やお家でできるもんね。Wiiも繋げるようになったので本領発揮。早速バーチャルコンソールのスーパーマリオブラザーズ買ったよ。娘たちに古き良きファミコンを見せたかったから。


なんにせよ、方向性がはっきりすると気持ちに遊ぶ余裕もできるってもんです。




小さなイベント日

ワタシは歯関係がかなり情けない状態で、悪いなら悪いなりにこれ以上悪化させず現状維持するために隔月くらいで検診に通い続けている。トリノ五輪時に現在も相当お世話かけている先生と衛生士さんに泣きついて、ああバンクーバー五輪ってことはもう4年も経ったのね。

歯科検診に出かける時、それはすなわちワタシが唯一ひとりで外に出かけられる機会だ。これ以外でひとりになる機会がほぼまったくない現状なので、ちょっとしたイベント気分である。


検診を終えたならばせっかくのひとりの時間なので行きたいところへ行くわけだが、どうにもワタシは「オシャレ」に無縁なコースしかたどっていない。

まず、なにはともあれ大型書店である。世には某Amazonとか大変便利な存在がありますし、それらを利用する機会は相当多いのだけれども、足を運んで本を買う喜びは格別なのですよ。歯科検診日近くになると某Amazon封鎖です。あえて注文しない。直接買いたいのよー。そして買うわけではないけれどひたすら物色する楽しさよ。
この記事でワタシの本屋さんへの愛はたっぷり書いたので今回は割愛するが、とにかく数ヶ月に一度至福の時間を過ごすのである。

次に某百貨店の地下階へ。ここは試飲を激しくさせてくれる素晴らしき酒売り場がある。酒蔵の営業さんなんかが熱心にどんどん試飲させてくれることしばしばである。酒好きには最高の場所だ。味がわかれば購入のメドもたつ。でもかなり洒落にならないくらいに(それこそちょっといい気持ちにさせてもらえるくらいに)試飲させてもらえてワタシは美味しいやら嬉しいやらだけれど、はっきり言って試飲のレベルを軽く超えるほどに飲ませてもらってるぞ。ワタシは全然違いのわかる酒マスターとかでないけれど、ワタシなりの味の好みとかこだわりとか話すと俄然試飲させてくれるペースがあがるのが毎度恐縮です、と思いつつ勧めてくださるままにガンガン飲む。悩みに悩んで一本だけ買うとかしかできないしょぼい客で申し訳ない。でもこの売り場でワタシは日本酒の美味さに開眼したのさ。

最後に551の蓬莱で豚まんやらシュウマイやらを家で待つ娘たちと相方のために買って、ひとりの時間を終えるべく帰宅するのである。


オシャレとは無縁のおよそ色気のない徹底した自分の趣味に走ったこの数ヶ月に一度のひとりきりの外出は、やはりワタシにとって貴重な時間である。


以下が先日検診時の成果である。



2010/03/03/01

http://www.izumisyuzou.co.jp/index.html


2010/03/03/02





(『美女御殿』『ピータン』は別日に近所で購入。)




やっぱりフィギュアスケートが好きなのよ

ワタシは大技が組み込まれつつノーミスな演技が見たい。大技だけじゃダメ。キレイなだけでもダメ。そして、音楽PVのような演技でなく、なにか映画を観てるような演技が好きだ。

ジャッジがどうであれ結果がどうであれ、ワタシが感動する演技はワタシだけの基準に基づく。そうやって、それなりに長くフィギュアスケートをワタシなりに愛してきたのだ。


バンクーバー!
終わっちゃいましたねー。
もっともっとガッツリと五輪視聴にはまりたかったのですが、下の娘の抵抗が日増しに強くなってしまい、泣く泣く譲歩せざるを得ませんでした。トトロはもういいよー、トホホ。

冬季五輪はどうしてもフィギュアスケートが最も気になる競技であるワタシですが、前回書きました通りやはり採点競技は見ていてとても疲れます。結果とワタシの感動が一致するとは限らないのですから。


寸評をいくつか。

鈴木明子・長洲未来→明るくのびやかな演技でとても楽しい気持ちにさせられた。特に鈴木選手は健康の素晴らしさと喜びを身をもって示したと思う。

ジョアニー・ロシェット→泣いた。お母様を亡くされて幾日も経たずに大舞台に立ち力強い演技を披露するその精神力に泣いた。無理。凡人には無理。

浅田真央→ジャンプのミスが惜しまれる。ドスーンと暗い印象の曲ではあるが実にドラマティックな演技構成になっていて格調高い印象。クライマックスのステップが鬼気迫るようで鳥肌がたった。

男女シングル両金メダリスト→「勝つためのプログラム」というのは戦略として大事だと思う。ノーミスでクリアな演技というのは素晴らしい。しかし申し訳ないが、彼らの演技はワタシの「伝説演技」ではない。それにはなにか「これっ!」というものが足りなかった。

エフゲニー・プルシェンコ→技術的精度はトリノ時から落ちたと思う。でも皇帝の風格。4回転黎明期から4回転戦国時代もガッツリと見てきたから、彼の言葉にはいちいち頷ける。男ならばチャレンジじゃね?

高橋大輔→演じられる喜びにあふれていた。4回転不要?みたいな流れの中で結果的にミスしたけど挑んだ姿勢が男前。もしよく知った仲ならば、全力でメシ作って食わせてやりたくなるほどの演技だった。

ジョニー・ウィアー→ああん!もう!ホントかわいいんだから!



大変個人的見解の一部です。



いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1661位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
925位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。