スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古き佳きもの

日が暮れるのが若干早くなってきたのが功を奏してか、真昼間の猛暑は変わらずとも早朝なぞは空気に涼やかさと爽やかさを感じないでもない、といった具合になってきたようだ。

暑さ負けしまくっている自分にわずかばかり活力が戻ってきたような、というより暑さ負けしてグダグダになってる自分にさすがに飽き飽きしまくってそれを払拭したくなってきた、といったところか。
本を手にしてみよーか、映画を観ちゃおうか、なんていう、己の好きなコトをしてみよう的感覚が戻ってきたといいましょうか。

ええい、前置きが相変わらず長い。(←自分をよく知っている)
こう、なんていうのでしょうか、「立ち上がる」時っていうのはどうにも懐古主義に走るというか、要は昔自分が大好きだったもので、現在も心の特別の位置に入れているモノとかに触れたくなる、といいましょうか。
ま、そんな感じなのです。




ずいぶん前にこの記事で吉田秋生『櫻の園』について書いた。素晴らしい作品である。
で、そちらで一部述べているのだが、改めて述べることにしよう。

中原俊監督「櫻の園」(1990)はワタシのかなり大好きな映画のひとつなのだ。ワタシが学生の頃から何度観たことか。もう何度観ても満足のため息が出る。


もはやファンタジーの世界なのだ。
当時の「イマドキ」風な面を見せつつも、やはり清く正しく美しい女子高生たちの群れ。
豊かな胸の大きさが自分のキャラクタに合うはずがない、と密かに悩んだり、恋人とセックスに踏み込むことに躊躇していたり、経験済みということを囃し立てられるのを嫌って直隠しにしていたり。「外泊」という言葉ひとつで大騒ぎ。どうでもいいような話題でかしましく、でもふと「青春」を語ってみたり。
嗚呼、なんと古き佳き女子高生の姿たることか。


「私倉田さんのことが好き」

それは、いわゆる「百合」の世界なのではない。
少女たちの友情と憧れと自己嫌悪と恋心の曖昧な境界上の気持ちである。(演出がワタシの思いとのズレを感じないでもないが。)

実際私立お嬢様高校生活を送った友人から聞いた逸話によると、やはりそういった「同性ではあるが、憧れ敬いどこか愛す気持ちが生じる」といったことがないでもなかったようで。ちなみにこの友人は当時「桜の園」の倉田さん的ポジションだったらしく、バレンタインデーにチョコレートやプレゼントを贈られたり、文化祭などのイベント時「あ、あのー、センパイ一緒に写真お願いできますか・・・?(はーと)」とツーショット写真をねだられたり、といったことが度々あったらしく。
ワタシは共学校だったので、周囲のキャッキャウフフ的話題の対象はすべて男子だった。女子同士のおててつないで仲良くランラン♪はないでもなかったと思うが、如何せんワタシがはぐれ者だったので。


自分が高校生だった頃、「清く正しく美しく」を求められても困る、っていうかそういうのってカッコワルイ、と思ったものだが、その年齢を遠く超えるとそういった純真さと可憐さを良しとした大人たちの気持ちがわかるというものだ。若さというのはそれだけで素晴らしく瑞々しい。なんの飾りもいらない。青さは取り戻しようがないものなのだ。

当世の高校生がワタシの時代の高校生の姿を見てもやぼったく感じるだけであろうと思う。しかし携帯電話片手に、女子はあまりのスカートの短さに(足が太い娘でも恥かしげもなく)、男子はずらかしたズボンの腰から、パンツが見えそうなっていうか見えるようなスタイルが果たして美しいかどうか。
風潮がどうであれ、おかーさんは認めないわよっ。


出演している娘たちがとびきり美人だったりとびきり芝居上手だったりするでもなく、むしろ素人臭さが見えるところが大半だ。しかしそれが逆に青々しくて微笑ましい。生意気な口をたたいているだけの擦れていない初心さを感じさせてくれる。
当時も今も、こういった少女の園が実在するのか、と思わされるファンタジーだ。


マンガ原作の映画やドラマがあまりに多い昨今、原作主義で映像化には大半興味を持てないというより嫌気を持ちがちなワタシなのだが、『桜の園』は別である。原作は原作で名作だと思うし、映画版は原作の要素を取り入れた別物としてとても好きなのだ。

「古き佳きもの」の世界なのだ。



スポンサーサイト

現実逃避の旅立ち その4

ある程度まとまった、ヒマができたぜ!っていう時間がとれないと、据え置き機のゲームはプレイしにくいところがワタシにはある。
なので3~4日に一度2時間程度プレイしてる程度なので、あまり進んでいないドラクエ8なのだった。


とりあえず、ドルマゲスにヌッ殺されました。
寄り道もテキトーにしてるしバトルロードもやったりしてるんだけれど、どうにも闇の遺跡突入時いつもいつもそれなりに低レベルのようで、毎度毎度ドルマゲスに一度はヌッ殺されている記憶がある。

ベルガラックから先、サザンビーク関連のイベントと周囲の散策をこなしても、ゼシカとククールがひ弱なレベルだ。サザンビークのバザーで買える武器や防具をきちんと買い揃えればいつしかレベルもそれなりになるのだろうけれど銭稼ぎしてる間に厭きちゃって、もういいや、突っ込んじゃえ!って突入して、そして散る、みたいな感じ。
戦闘が上手なプレイヤさんだと全然いけるレベルなのかもしれんのだけどねー。ワタシはせめてフバーハ覚えていないとキツイ。

しょーがないんで、再戦のためにレベル上げしてみます。


ところで、サザンビークといえば超ウザいキャラクタがいるわけで。チャゴス、お前のことだ。
避暑に行けない現実逃避の気持ちで旅に出ているというに、ああなんと暑苦しいヤツなのか。毎度毎度付き合うのがめんどくさい。しかしお供せねば話は進まないし、もうホント誰得?だ。

馬姫ことミーティア姫は旅の間たいした印象がないキャラクタでこれといった思い入れが持ちにくいのだが、しかしあれほどのブサ男であるチャゴスが許婚というのはさすがに気の毒だ。いくら事情を知らないとはいえ、馬と御者に対する態度は生まれついての無駄に貴い身分による傲慢さ全開で大変不愉快になる。庶民なめんなよ。
マルチェロが不遜だったり傲慢だったり冷酷だったりするのは一部の世間ではものすごく好意的に捉えられたりしているようだが、チャゴスのそういったのは見聞きしたことがない。ただしイケメンに限る、ってヤツか。いやマルチェロはワタシの好みではないのだが。デコも気になってしょーがないし。


ヤンガスとトロデ王が好き。見た目がアレでもかわいいのよー。



ご都合主義上等

真昼間、スカパで久しぶりに『天使にラブ・ソングを・・・』を観た。
何時観ても何度観ても、終いにはニコニコ顔にさせられてしまう作品である。
陰鬱さや複雑な伏線とは無縁な直球ハッピーエンド型のストーリであるが、だがそれがいい。シスター達が満面の笑顔で軽やかに踊り歌う姿は、とても幸せな気分にしてくれる。


ワタシが小娘だった頃、映画は自分にとって重要なファクタだったが斜に構えて観ることが当然と思ってて、それはそういう振る舞いがどこかカッコイイと思う勘違いをしたつまらない子供だったわけだ。
もちろん素直に感動したりもしたけれど、会話の中で映画の話題になったならば批判的に述べることがさながら「映画をよく観ている」ことへの体現であったかのように、ド素人が評論家よろしくエラソーに熱弁をふるっていたのだ。
まあ、若気の至りで後に恥ずかしい思いに陥ることは大切なことだとワタシは思っているので、別に全然小娘時代の自分を責める気にはならない。むしろ若いうちにテキトーに弾けないと、年とってから変に弾けてしかも周囲に迷惑かけまくることが往々にしてある。今の自分がテキトーに落ち着いたのは若気の至りのおかげである、と思っている。

さて、『天使にラブ・ソングを・・・』の初見、ワタシは小娘だった。当時も観終わって「ああ、楽しい映画だったなー!」と思ったのだが、友人たちとの映画談義の話題にあげることはほとんどなかった。素直に感動する、という感覚が気恥ずかしく思った年代だったのだ。
話題にあげたのならば、「ご都合主義すぎるところがあるよね」と述べたと思う。

で、現在のワタシは思うのだ。
「ご都合主義上等」だ、と。
かなり堂々と声高らかに言う、絶対に。っていうか、今言ってるし。
小娘時代を過ぎ、映画をじっくり観るヒマもなくなって、テキトーに年もとって、
「映画は楽しませてくれるのならばご都合主義でもいいじゃない」なのだ。

年々生きていると、現実でいろいろ嫌な出来事や辛く困難な場面に直面することが多々ある。それはフィクションの中の事件に比べればそれはそれは些細なことなのかもしれないが、生身の人間が直面する問題としてリアルでノンフィクションで苦痛で苦難に満ちている。
日常そういった場面に晒されていたとして憩いの時間にすらそういった場面に晒されるのは、もはや苦行である。
フィクションの世界くらいハッピーハッピーな気分にしてほしいわん、と思う。いや思うようになったのだ。


もちろんバッドエンドでも素晴らしい映画が多々あることは百も承知である。
しかしどうにも気持ちが安らかになれない。不況で家計が綱渡りだったり子供のことでハラハラしたり、でハラハラ度はとっくに針が振り切れているのだ。

『男はつらいよ』シリーズが多く支持されたのも、今ならよくわかる。



ところで邦題は『天使にラブ・ソングを・・・』なのだが、ワタシは原題の『SISTER ACT』がものすごく素敵だと思う。邦題はちょっと受けを狙った感じがどーしてもするんです。


残暑お見舞い申し上げます

茹だるぜ!

毎日やり過ごしてるだけ。ただやり過ごしてるだけなのに、とにかく疲れる。
とにかく睡眠をしっかりとって回復に努めようとするも、汗だくの寝苦しさで明け方に起きてしまう。エアコンつっけぱなしというのにどうしても抵抗があって、タイマーで明け方切れるようにしているのも無理があるのかもしれない。でもこうでもしておかないと季節が過ぎ去るまでの間もう二度とエアコンのスイッチを切ることが出来なくなってしまう。

しかしエアコン稼動させてても家の中むちゃ暑いんだぜ?外よりマシ、とかいう程度にしか効果がないんだぜ?

ただやり過ごしてる、っていってもルーティンワークまで停止するわけでない。そんなことしたら一家で生命の崖っぷち。ルーティンワークだけで力尽きてるわけです。台所で皿洗いしてたって、水に触れて気持ち良いなんて都市伝説。むわ~んって、もわ~んっていう、あら油汚れもすぐ落ちる♪の適温。要は湯状態。


もうアタマもいまいちまわらん。
そんな状況です、どうぞー。



なんかもう意地になって、明け方にタイマーで切れたエアコンはその後昼までつけない。昼過ぎたら生命の危機を感じるのでつける。全然ひんやりしないんだけどね。冷え?それ美味しいの?状態。

んで、もうやけくそ気味にエクササイズとかしてみたり。
ただやり過ごすだけでも疲労するわけで、でもものすっごい負けてる気持ちにさせられて妙に腹が立ってくるので、どうせ疲労するんならエクササイズやって疲労してやるんだぜ、みたいな。わけのわからん負けず嫌い精神発動。


http://www.exabody.jp/goods/P9X01

これの「KENPO X」をやってます。
拳法?と思うところは多々あるけれど、なんか面白い。有酸素運動としては優れもの。
他のがっつり筋トレ系Discは全くできないレベルのものばかりなのでやらない。やるのは「KENPO X」をメインに、「X STRETCH」「CARDIO X」はその日の気分次第で。


とにかく、うだる暑さに気力が連敗の毎日というのが腹立つので、いろいろ抵抗を試みたりしている、です。
避暑に無縁の小市民は辛い。
そんな大袈裟な、とおっしゃる方はうちに一泊してみるといいよ?絶対一晩でギブアップ。(これ最近毎回書いてる気がする。一体誰になにを挑んでいるのやら。)


現実逃避の旅立ち その3

ようやく船入手→キラーパンサー乗り放題まで。


かつては海だったが現在は荒野となった地に置き去りにされ朽ち果てた古代船の、過去の記憶を辿り在りし日の悠然とした姿を呼び覚ます、というドラクエ8の船入手におけるこのエピソードはいつ見ても感動的だ。
呪われて荒廃したトロデーン城に怯えた後の、対極の如く美しく幻想的なシーンである。

8のフィールドの広さを無駄と感じるユーザーはもちろんいることだろうが、意味もなく散策しているとふとなんとも美しい風景が目の前に広がっていて、ワタシはそういったところがとても好きだ。まさに現在の「現実逃避の旅」に相応しいだろう。

海原も広い。雄大すぎて、あんなに大きく見えた船が海の上ではとても小さくてどこか心許ないような気持ちにすらなる。実際大陸間の移動になかなか時間がかかる。モンスタもパーティの現在の状態では手強い。


バウムレンのエピソードはキラーパンサー好きには物悲しくなる。
以前書いたが、ドラクエ5の仲間モンスタのメンバはキラーパンサーがいつもなかなか外せないワタシなのだ。最後まで連れていることも多い。ネコ好きの性である。



装備品はどんどんランクアップさせているけれど武器はドニあたりから変えていないから、さすがに火力不足を感じてきた。ヤンガスが格闘一本なので余計にかもしれない。
でも今回は上げたことがないスキルもやってみたかったからさ。



メディア整理

そろそろ家中本気で大掃除的なことをしないと始末に負えなくなる時がじきにやってくるんだぜ、とは思うものの、なにもこのクソ暑い時期にやるこたぁないかー、とも思うわけで。

動き回る必要がなくて、大掃除の時には手が回らない、なんか細かい作業でもとりあえずやるかー、と思い立ち、ずいぶん長くほったらかしだったメディアの整理とラベル印刷をすることにした。

なかなか終わらねー。
いつものことだけれど。


相方の持分なんかさっぱりわかんないから華麗にスルーするのだが、ワタシと娘たちの分だけでも大概。近年極力増やさないようにしているのだけれど、でもなんだかなー、どうするんだよ、こんなにアホほど持ってて。

あと観ていない映画が結構あることがわかって、それはすごく観たいものだったはずなのに結局埋もれているのはどういうことか。もう自分に腹が立つ。
これは本を積む心理というか原理というか、まったく同じだね。


まあそれでも本気出したらすぐ全部観てしまう程度の量しかワタシの持分はないと思う。相方は無理。一生かかっても絶対消化できない。
せっせと収集ばかりしてしまう癖がある人間が家庭内にいると、定期的な大掃除イコール大処分大会が住環境の維持に最重要。



とりあえず自分の持分の整理は大体済んだので、ちょっくら映画観るかなー。




現実逃避の旅立ち その2

ドラクエ8、トロデーン城探索終了。

せいぜい3周くらいしかプレイしていないとはいえ、やはりシナリオを進める手順なんか覚えてしまってるし、ダンジョンの道順も大体はすぐに思い出す。
でもやっぱり何度やってもトロデーン城の不気味さに慣れない。

呪いの茨にとり憑かれ植物と化した人が城内のそこかしこに点在し、その人々の抜け殻のような表情がとにかく不気味だ。初回プレイ時、城内の構造がなかなか複雑だから目的地に全然辿り着けなくて、モンスタもやたら強くて、探索にかなり苦労した。
さすがに今回はもう道に迷うことはなかったけれど、でもやっぱり荒れ果てた呪われた城はとにかく不気味で。軽薄キャラクタを演じているはずのククールが思わず真摯に祈る姿が切なさを誘う。


船入手までもう少し。


現実逃避の旅立ち

本とかもう全然読む気にならねー。
猛暑到来以降、あまりの暑さに読書欲は南半球にでも飛んでいってしまったかのよう。


エアコンで室内冷やせばいいんじゃね?と言うことなかれ。

「快適」
ってなに?美味しいの、それ?

エアコンは電気代がかなり恐ろしくなるほどに稼動しまくりなのだけれど、もう全然その冷却能力を超えている感じで。室温30℃くらいだったら全然マシじゃない?なんてくらいに、猛烈な暑さに日夜晒されて感覚麻痺状態。
こんな状態があんまりだと思うものの、抵抗しようにもルーティンワークをこなすだけで精一杯。エアコンかけたまま就寝するにも関わらずあまりの寝苦しさで毎明け方起きてしまう超早起き。

どうにかこうにか騙し騙しでただ今夏を乗り切るだけっていうのもまったくなんの面白みも無さ過ぎて腹が立つってなわけで。



そんなこんなで
「現実でバカンスや避暑が無理なんだったら、架空の世界で旅立てばいいじゃない?」

といった現実逃避な気分がワタシをゲームの世界へと誘った!(←暑さでキャラクタ崩壊気味)



えっとですね、ずいぶんと長い間据え置きゲーム機で遊んでないなー、と。
で、ふと思い出したのが、ドラゴンクエスト8でした。


8は思い返すに、たぶん精々3周くらいしか遊んだことがない。
そりゃあ人によっては、同じゲーム3周もプレイして何が楽しいの?ってなところでしょうが、時間を置けばそれはそれで楽しかったりするもんなんだよ?以前とは違ったプレイスタイルを意識したり、攻略の手順を変えたりして。

DQ8はフィールドが広々してて走っても走っても大陸の端になかなか辿り着かない程で、ひとつのイベントが終了して新しい拠点に向かうその道中がとにかく走って走って、しかもエンカウントするモンスタがなんだか妙に強かったりして、でなんとか倒してそれからまた走って走って、でもなかなか町が見えてこない、そういった臨場感的なものがある。遠すぎてイヤになる場面もありありだけど。
ゲームシステムなんかずいぶんと面白く感じて、初回プレイ時はスキルの上げ方がさっぱり分からなくて、大変な失敗を犯したりもしたのが、それもまた楽しき思い出だったり。


ということで、数日前からプレイ開始。
今馬姫様が連れ去られたところ。



いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1661位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
925位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。