スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながらパラディンの凄さに気付く

DQ9を絶賛プレイ中。
やりこむ程ではないにしろぼちぼちプレイしていた冒険の書を思い切って消して再スタートした。


冒険の書はひとつしか作れないからそれまでのデータを残そうと思うならばソフトを買い足すしかない。もうすっかり安値で売っているがでもなんかもうひとつ買うというのは躊躇う。
すれちがい通信でもらった有名地図はいくつか持っていてリッカの宿屋にも泉が湧く程度にはお客さんがいたものだからやはり消去するのは少し躊躇した。

でも冷静に考えたら別にそこまでやりこんでいたわけでもなく有名地図もまったく活かしきれていないほどにしかプレイしていなかったのだ。どうせ再スタートしたところでやりこみプレイとは無縁なぬるゲーマーのワタシなのだからのんびりぼちぼちプレイを楽しめばいいじゃないかと思ったのだ。


再スタートしたらやっぱり全然ストーリなんて覚えていなくてすごくワクワクした。もちろん人物くらいは覚えていたけれどでも登場のタイミングなんかすっかり忘れてた。
まあ結局再プレイしても以前述べたのとあんまり変わらない感想だったけれど。天使界のあまりの緊張感の無さ、師匠イザヤールの印象の薄さ、ラテーナとエルギオスの薄っぺらいメロドラマ臭さ、なんかはやっぱり目に付いてしまう。

結局「本編という名のチュートリアル」というのは大正解でto be continued.からの追加クエストで積極的に自分で補完していかないとストーリも面白みも半端のままなのだ。

ポケモンもそうなんだよね。初回殿堂入りしてからが本番、みたいな感じ。
でもそれってどうなんかな、と思わないでもない。なんか肩すかしくらったような気持ちにさせられる。裏ダンジョンとかそんなみんながみんな待ちに待っているものなのだろうか。長く長く遊べるように、という意はよくわかるのだけれども。


まあそんなこんな言いつつも初回よりもずっとストーリを楽しんで本編を終え、追加クエストで本編のピースを補完しつつ宝の地図ダンジョンに日々潜りまくっている。
追加クエストに必要であろう高レベルの地図がなかなか出てこなくてもほんの少しずつ地図レベルが上がってくるのは楽しい。ある追加クエストは自分で発掘した地図でこなせてものすごく嬉しかった。出現オンリーとかでは全然ないのだけれど自分で発掘した地図にはぐれメタルがそこそこ出てきたのは興奮した。


DQ10盛況の折にDQ9話もなんなのだが今更ながらものすごく楽しんでいる。



2012/11/26





スポンサーサイト

近頃はちょいちょい買ってます

これ以降に買ったもの。


2012/11/23-01


遠藤淑子「なごみクラブ4」
相変わらずホストらしさのかけらも感じられないほのぼのさ。そしてじんわり攻めてくる遠藤節にほろり。


岡野玲子「陰陽師 玉手匣2」
なんかわけはわからなくとも、博雅はイイ!


伊藤理佐「おんなの窓4」
作者が再婚出産を経て、これからどの路線のネタに比重が重くなるかが気になる。”おかん”のワタシは家庭ネタは基本好物だが、それも描き方次第。

伊藤理佐「おいピータン!13」
久しぶりに大森さんと渡辺さんカップルが見られて満足。


2012/11/23-02


奥泉光「シューマンの指」
ハードカバー版を買おうかどうしようか悩み続けまくっていたならば文庫化したよ!
年末年始にじっくり読む予定。
シューマンはそんなに聴いていないから余計にタイトルに惹かれる。



病人食

猛暑の過ぎ去った後の秋は体調を崩すことがしばしばで寄る年波には勝てないということか。
今月初め頃に1週間おかゆ程度しか食べられずひもじい思いをした。当たり前だが晩酌なんて以ての外で、食欲あるのに食べられない好きなのに飲めない、というのは体調云々よりもなんだか生活の潤いみたいなものを放棄させられているようで悲しい。しょうがないから、今はデトックス期間なわけさ、と自分に言い聞かせて過ごした。
おかげでもうすっかりなんともなく、普通にごはん食べているし美味しく晩酌も楽しんでいるが、つくづく自分は立派に中年なのだなぁと自覚せざるをえなかったので、年末に向けて暴飲暴食はせず節度をわきまえて、と思う。

ところで、体調を崩せば自然と「おかゆ」「温かいうどん」とワタシは思っているのだが、みなさんどうなんでしょう?というか、外国ならばどういうものになるのでしょうね?

大昔に長く海外留学していた人に聞いた話。学生寮生活をしていた彼女のルームメイト(欧米の人)が風邪をひいて寝込んでしまった。お医者は様子を見るとして常備薬を飲ませあとはなにか体が温まって消化の良いものを、と思ったけれども、一体どういうものが日本のおかゆ的なものに該当するのかがさっぱりわからない。わからなければ本人に聞いて買いに出るのが最善、ということで、

(ここからは海外ドラマの吹き替えを想像してください)
「ねえ?なにか栄養があるものを食べたほうがいいわ。私が買い物に行ってくるからリクエストをお願い。」
「う、うん…、ありがとう、確かになにか食べたほうがいいわね…。」
「そうよ。食欲はないかもしれないけれどやはりなにか食べたほうがいいわ。なんでもあなたのリクエスト通りに買ってくるから安心して?」
「ああ…本当にありがとう…。じゃあねぇ…

チーズバーガーとフライドポテトの大盛りをお願い。」


彼女は一瞬さっぱり理解できなかったらしい。

日本人の彼女にはどう考えてもそれは病人が食べるものではないとしか思えなかった。でもリクエストだからということで半信半疑ながら買って戻り寝込むルームメイトに提供した。
それはものの見事にペロリと完食され、より一層彼女に衝撃を与えたそうである。

つまりはルームメイトはそこまで具合が悪かったわけではないということか?とワタシは問うたのだが、その返答は否だった。相当具合が悪かったことは間違いなくインフルエンザとかそういうレベルだったのではないかと推測される様子だったらしい。

彼女が結論とした言ったことに
「ルームメイトがたまたまそういう”具合が悪くてもがっつり濃いモノが食べられる人”だった可能性がないではないが、総じて欧米人は日本人よりも遥かに胃が丈夫で食文化が濃く重い。」
ということだった。




いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
786位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。