スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のイベント

ドラクエ7記事ばかりにかまけていたので今更感山盛りではありますが。


2013/03/15-1


今年の節分巻き寿司。
確か寒波のせいとかでその日はものすごく体調が悪かったのだけれど、下の娘が「節分には豆まきして巻き寿司食べるねん!」と1月末あたりから妙にはりきっていたもので、かあさん頑張って巻いたわよ。
米4合で9本巻けたんだっけか。翌朝にはほぼほぼ食べつくされた。作り甲斐あるといえばそうなんだけど、もはや現在の量では足りなくなるのは目に見えてる。それが恐ろしいわな。

そばは上の娘の修学旅行土産。長野の田舎そば。




2013/03/15-2


今年の上の娘のバレンタイン友チョコ的菓子。
プレーンとココアチョコ風味の2種のスコーン。

めんどくささが勝ってしまい今年はもうなにも作らないと2月アタマから宣言していた上の娘だったが、結構な数の友チョコをもらうことになってしまい、スルーすることができなくなった模様。
どうせなら自分たちも食べたいから、と大量に焼いたった。
いちごジャムぬりたくって食べました。

友チョコなんてめんどくさい風習ができたもんだ、とかなり思っているけれど、まあたまには娘たちとこういう作業も悪くはない、とも思う。






スポンサーサイト

65周年記念キャンペーンだそうで

2013/03/15


先日東京出張だった相方が買ってきてくれた。

好きなのです。
コージーコーナーのシュークリーム。
スイーツじゃなくて古き佳き洋菓子という味わいが。
近辺に店舗がないので滅多に食べられる機会がない、というのもワタシの中で価値観を押し上げているかも。


ふくろに「当たりがでたらその場でもう1個!」ってくじシールが貼ってて、上の娘と「当たってももらいに行けねー!」ってはしゃぎながらシールめくったけれどはずれてた。ま、そんなもんよな、と思いつつもやっぱり残念。


大変美味しゅうございました。




17日目~

石版探しの旅17日目~


無事魔王オルゴ・デミーラをぬっ殺して世界に平和を取り戻したのだけれど、まだまだ旅は続くんじゃよ。
で、?の石版足りないから取りに行く。
コスタールの大灯台は一体何度上れば済むのかしらん。
サンゴの洞窟でもワタシを待ってる人とモンスターがいたわねん。

で、とりあえず台座に収めたところでなにやら変な世界に突入。モンスター強い。道のり長い。
わかっちゃいたけどなんとも可愛らしい顔の神様とご対面。でも腕試しせずに帰還した。道中からして厳しい状態なんでもう少しレベルを上げようと思う。



すれちがい石版ほとんどやらないでエンディングを迎えた。オマケ要素だと思ったからさ。ごく普通にストーリーを楽しみたかったしね。
職業もモンスター職を一切やっていなくて、なんかそういうやりこみみたいな要素はワタシはあんまりやらないもんだから、でもそれって楽しい部分をちゃんとは見ていない気もするし、でも結局5だって定番パーティばかり組んでしまうワタシはぬるプレイヤなんだなぁと思う。
ただモンスターパークはじっくり取り組みたい。なついて嬉しそうに走っていくモンスターの後姿をいっぱい見たい。でも9の地図発掘ほどにはやらんかな。


まだまだ遊べることはいくらでも残ってるからこれからもぼちぼちプレイするつもり。
とりあえず一旦終了。




はやぶさ再び

小惑星探査機はやぶさの映画3本観たので簡単に感想を。


「はやぶさ/HAYABUSA」
メガネ理系女子に扮した竹内結子の魅力あふれる作品だったか、と。

「はやぶさ 遥かなる帰還」
おっさんたちの魅力あふれる作品だったか、と。

「おかえり、はやぶさ」
子供向けヒーローものの作りだったか、と。


事実は小説より奇なり、であるからして、やっぱりエンターテインメントに過ぎないこれらはまあこんなもんかな、ってところである。
でもやっぱり泣くわー。どこで泣くって、打ち上げの画ですでになんかじんわり泣けてくる。
正直なところそれぞれの作品の人間ドラマな部分は記憶にあまり残らない。かなり想像がしやすいドラマ展開な演出が安っぽくなってしまっているけれど、はやぶさの軌跡と絡めるためという意味ではわかりやすい、という点では悪くはないのだろうとも思う。
はやぶさのイメージCGが出てくるのも画的に必要なのだろうけれど多用は無用かと思った。どの作品でどの程度使われたかは記憶が定かでないが、少なくとも大気圏突入時の燃え尽きていくはやぶさのCGは不要かと思った。実際に記録された地上からの火球の画だけで十分だ。
逆に、打ち上げ時のはやぶさの太陽電池パドル展開のCGは何故か泣けるんだよな。あ、3作品の中にその画はあったっけ?いろんな画と動画がごちゃごちゃになってるかも。


登場人物は実在の人物がモデルになっているのが(当たり前だが)多く、3作品で見比べたりするのも楽しいかもしれない。
例えば川口淳一郎プロジェクトマネージャーの場合、

「はやぶさ/HAYABUSA」
川渕幸一・佐野史郎

「はやぶさ 遥かなる帰還」
山口駿一郎・渡辺謙

「おかえり、はやぶさ」
江本智彦・大杉漣

となっていて、作品内での立ち位置や演出はそれぞれ異なっても、ここぞという時の実際の川口先生の発言らしきものが決め台詞としていずれの作品もが採用していたりするのは面白かった。



で、「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」(通称HBTTE)は?、と聞かれてしまうと、ごめんなさい観ていないのです。プラネタリウム版のこれ一番観たかったのにどうしても機会が得られなくて。
はやぶさファンの人は間違いなくこれが一押しみたいです。


帰還前に製作された作品ではあるけれど「はやぶさ物語 祈り」は、いつ観てもなんど観てもじんわり涙がうかぶ。
ワタシがはやぶさ関連で初めて観たのはこれ。そもそもどうしてここにたどり着いたかはよく覚えていないけれど、はやぶさの帰還がかなり確実になってきた頃にたどりついて食い入るように観た。泣いた。

エンターテインメント系動画「こんなこともあろうかと!」で有名なこちらとこちら完結編は、泣き笑いの珠玉作品。これを観るためにワタシは初めてニコ動に足を踏み入れたのです。






16日目

自分用の記録にすぎないです。
ネタばれしまくりです。












石版探しの旅16日目。

ラストダンジョン~エンディング。


町々村々を巡ってみる。
仲間との会話で「早く魔王のところに行かないと!」とか「なんで今ここに来る必要がある?」とか言われると、すぐさま行かないとなんか良くないことがあるんか?と思わされる。
でもその町々村々でのストーリーのその後とか魔王出現に対してとかのいろんなセリフがあるんだよね。だからせっつかれても自分の行きたいところに行くのよ。


まあでもそれもだんだん飽きるから、じゃあとりあえず行きますか、ってダークパレスへ。
1階の扉を開けて、どうせ下見がてらだからまだなっていない職にしておこうか、と。で、主人公羊飼い就きたて、ガボゴッドハンド就きたて、メルビン武闘家就きたて、マリベル天地雷鳴士就きたて、で経路確認とアイテム収集がてらに地下に潜入。
あの気持ち悪かった触手?なのかなんなのかわからんがなんせあの気持ち悪かったの、なくなってた。っていうか、あっという間に精霊の祭壇?みたいなところまで到着。アイテム回収だわね、なんてとりあえず水の精霊から剣もらったらそのまま間違えて渦に入ってしまってあれよあれよと魔王オルゴ・デミーラの前に。

いやいやいや、全然まだその気じゃあないですから!と思ったところで後戻りできず。
しょうがないから戦闘突入したものの、これで勝ってしまったら主人公は羊飼いの衣装でエンディングを迎えてしまうということを考えると、ねえ?
実際回復手段が乏しかったからきつかったし結局第三形態で敗戦。ただ、せかいじゅのしずくやらのアイテムを使いまくったら勝ってたか、と。そういうのはやめておいた。だってやっぱり羊飼いの姿でエンディングはイヤだ。

すぐさまダーマで転職。
主人公マスターゴッドハンド、ガボマスター勇者、メルビンマスター寸前賢者、マリベルマスター賢者。
ホントよく熟練度上がった。
ずっとずっと言ってたけど、マジで熟練度上げしてない。そりゃあ職マスターしたら過去にいてもすぐ戻って転職、ってのはマメにしてたけどさ。シンボルエンカウトだけど、ダンジョン内ではどうにも上手く避けられなくて、だから結構ガシガシ戦闘してたせいと思う。


さて、各精霊のアイテムもさっさと取って、頑張ってモンスター避けて、気を取り直してオルゴ・デミーラ再戦。
熟練度上がりすぎてたのかなぁ。結構あっさり終わっちゃった。
HPが低いマリベルが1回痛恨で死んだけど、それだけ。種ドーピング全然してないしマリベルのHPはホント低い。レベルは主人公36、ガボ35、メルビン33、マリベル32だったか?

手強い魔王戦をやりたいならば職はあえて抑え目にいくような逆努力が必要だと思った。
初回プレイでも上級職は1つか2つしか習得していない、みたいな感じがいいかと。PS版だと熟練度上げしなかったらそんな感じでラストバトル突入だったのにね。PS版で周回プレイしてたり戦闘上手な人なら基本職だけでもいけるだろうし。ただしダークパレス内のモンスターは相当手強いのもいるから、そっちの方が魔王より怖いくらい。


とうとうエンディング。
マリベルが、みんなが褒め称えるのが気持ちいい!もっと褒めろ!みたいに言うのがカワイイ。縁の各地を巡り褒められまくり、めちゃめちゃ気分は良いが、とにかくこの巡回も長い。最後の最後まで長いよ!
でもいい気分だよ。7はプレイ時間が長いから、褒められて余計に嬉しいねぇ。
初回プレイ時の罠である石版の取り忘れ、でもこれも親切設計になったのね。PS版では結局2度魔王戦するハメになったのも今は佳き思い出。

ボルカノ父さんは好きだけど、でもシャークアイとも一緒に行きたかったよ。
餞と別れの花火が嬉しいねぇ。
お手紙石版は、うん、いろいろ思うところないわけではないけれど、でもやっぱりちょっとジーンとしたさ。





いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
3685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1874位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。