スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のだめカンタービレ」20巻 二ノ宮知子

最近若干マンガ離れ。何故なら北方謙三の『三国志』に没頭しているからなのだー。
新刊とはいえ発売日からなかなかの時間が経過してますが。のだめ新刊について。

前巻久々の清良と峰君登場にうぉーって喜んだ続きがまだあって更にうひょーっ。(意味不明)やっぱりね、初期の面々が見られるのは正直嬉しいんだな。のだめが自分のピアノのことで悩んでるよりも峰君が語るR☆Sオケの先行き不透明な現状の方に意識がいってしまうのね、ごめんなさい。だってすっごい好きなんだよー、R☆Sオケ発足からの一連のエピソードが。読み返すのはどうしても日本編。のだめはかなりの変態だし千秋はむやみに俺様だし峰君バカかっこいいし真澄ちゃんは乙女だし。おもしろいじゃねーか、ちきしょー。
ま、あれですね、日本編は完成してるから安心して見れるっていうのもあるし舞台が所詮はのん気な日本の音大だし音楽的な話の突っ込み度が現在よりも全然低度。
パリ編はまだ連載中でこの先が確定していないから落ち着いて読めないって気持ちがどこかしらにできてしまうのだろうし想像の余地があるので困るっていうか。登場人物も増えて様々な面々のエピソードも盛り込まれていって話が一本筋でなくなってるから読む側の気持ちがふらつくっていうか、でも話が膨らんで悪いことなんてまとめ方さえきちんとしていれば問題ないわけであって、でもそのまとめ方こそを心配している自分がいるからさー。
いやね、パリ編に入ってからもおもしろいのですよ。登場人物が増えても愛すべきキャラがいっぱいでいい。エピソードが枝分かれになるのも長編になればなるほど当たり前のことなのだし、本線さえ外さなければいいのですよ。
ただね、のだめが「音楽ときちんと向き合っていない」という根源の意味がさっぱりわからんのですよ。これはワタクシがこれまでの人生で音楽的な勉強を一度もしていないことがかなり原因にあると思われるのですが、なにしろさっぱーり意味がわからんのです。基本に忠実に、で合ってるの?いやいや全然違うんだろー。わかんねー。のだめのエキセントリックな演奏がダメだというのはわからんでもないのです。個性と外連は決して違うのもわかります。けど「向き合っていない」ってどーいう意味なのー?教えてエライ人。これってそのうちきちんとわかるんですかね。読者が放置ってことはないっすよね。
千秋はそこらへんのことを肌で感じているからこそ(っていうかそーいう設定だからこそ)今巻でのだめのレッスンに執着してやろうと思ったんでしょうけど、大体のだめ本人がそのへんの意味合いを把握できていないわけだし、しかも恋人が自分が努力するよりもずっとそれ以上に努力していつもかなり先を歩いているのになんともいえない腹立たしさと切なさを抱えてしまうのはどうしようもないって思うし、むしろかなりそれについてはのだめの気持ちがわかるぜ。悲しくなっちゃうよね、なんだか。
うーん、書いてることが混沌。つまりはですね、どーしても思ってしまうのが「は?こいつらこれから上手くやれんのかよ?」ってことです。上手くやっていってほしいな、と思うのが読者の切なる気持ちですが、実際問題は同じようなフィールドに立ってるというのは苦痛も伴うってことなんですよ。若い頃はね、「趣味が同じ人じゃないと話が合わなくてダメさ」なんて思ってたもんですが、それはかなり間違いでした。趣味は違う方がいいんですよ。問題は理解できるかどうか、ってことで。もちろんね、同じ趣味でも全然おっけーですよ。でもそれって揉め事も増えるんだ。お互いの拘りが変にぶつかって。距離がね、各々のテリトリーの距離は必要だなー、とワタクシみたいな人間は思いました。同フィールドで活動してるか別フィールドで活動してるか、それぞれに対処法みたいなのは違ってくるでしょうけど、なんにせよ自分基準を一度捨てないとダメって時があります。その見極めか?
一体なんの話だ。ほら千秋がね、今巻変にのだめのこと構い過ぎって思って。ワタクシが代わりに構われてあげてよ?おっほほほほ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
746位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。