スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『のだめカンタービレ』24巻感想

さて『アンコール オペラ編』である。
パリ編の終盤のシリアスな雰囲気はどこかへすっ飛んでいったベタなコメディーに戻っていて、初期の学生編を思い出させてくれる。ワタシとしては『のだめカンタービレ』はこうであってほしく思っていたので、とても面白く読めた。

のだめと千秋のベタ甘な恋人っぷりを見たい読者には物足りないだろうが、ワタシはちらりと匂わせるちょっとしたワンカットなんかで十分だ。千秋という男は決して人前でベタベタしない古典的むっつり系だと思っている。甘甘を直接表現されてもワタシのイメージとずれてしまうので困ってしまう。


オペラ編の連載初回は掲載誌を買ってみた。初回ということで登場人物の顔合わせ的なものでそれはそれでいいとして、どうにもページ全体がスカスカした感じで画の劣化が目についた。
パリ編で画がとても魅力的に感じた時期があって、それが終盤どんどん力を失っていったかのように見えて、しかもストーリーもどすーんとシリアスになってたし、なんだか残念に思っていた。画の変化はどんな作品にでもあることだが、勢いを失ったように感じられる(私見ではあるが)のは読んでいて悲しいものだ。
ここまで力を失ってしまったのか、と思っていたオペラ編初見だったが、今回単行本(以前から繰り返し申し上げているが、ワタシは当世の「コミック」という言葉にどうして馴染めない古典的なマンガ読みである)を読んでみて、スカスカに感じた画が気にならなかった。雑誌のページの大きさからグッと縮小されるからなのか、「スカスカ」でなくほどよい空間に感じた。これまでずっと単行本で読んできたのだから突然雑誌で読むなということなのかもしれん。「目に慣れた」ということはやはり、ある。

ストーリーは学生編のR☆Sオケ創設の頃のような感じで、ワタシとしてはこういうのが読みたかったんだよーといったところだ。のだめがブー子こと菅沼沙也に危険な臭いを感じたりするあたりがいい。千秋は容姿だけで人を見る男でなく、才能とそれ以上に努力をこよなく評価し、なにより強烈な個性の持ち主に弱い。そのあたりをさすが恋人だからか、のだめがよくわかっているかのような描写が面白い。
その最たる人はのだめなのだよ、と読者としてはニヤリとしてしまう。甘甘でなく、こういった面でのだめと千秋の関係を見る楽しみをワタシは覚えるのだ。




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1056位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
601位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。