スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「湘南爆走族 完全版」吉田聡

ここしばらくマンガ離れしてまして。
特に理由はないのですが。
年間でサイクルみたいなものがありましてね。
マンガ、小説、ゲームのどれかが強化時期になってることがほとんどですが。
4:4:2くらいの配分ですかね。
で、書こうと思ってるネタは所有タイトル分あるわけですが、マンガ離れな時期にマンガのことを考えるアタマはまわらないってわけでして。なんていうか、文章にならない。箇条書きな世界に突入してしまうだけなのでちょいと更新が滞っておりましたです。


今回のマンガ離れ期に入る寸前に読んだのが『湘南爆走族 完全版』でした。
メジャーな作品であることは間違いないと思うのでもちろんタイトルは知ってましたけど読むのは今回が初めてでした。なにしろ根本が少女マンガ主義なものですから少年・青年系マンガはなにかしらの縁がなければ手にすることはこれまでずっとなかったですし、これからもたぶんそうであると思われ。
取っ掛かりはワタクシの相方がこの完全版を買い始めたのですよ、「懐かしー!」とか騒いで。で、あるものすごーく暇を感じた日にふと思い立って読み始めたらば、タイトルだけでイメージしてたモノとそれは全然違うものだったことがわかりまして。青春コメディものだったのですね。そりゃ知らなかった。なんだよ、おもしろいじゃねーか、って展開でワタクシが気になった続きを結局買うハメに。

ワタクシが少女だった頃の時代「不良っぽい男の子が素敵」なんていう風潮が無きにしも非ずでしたが、ワタクシはあまりそーいうのは思ったことはなかったですけど、少女マンガのヒロインが恋する男の子は「不良っぽい」イメージで作られてたものがかなり多くありましたね。で、不良っぽいのだけど実はとてもいい子だったりするところにヒロインは恋しちゃったり、なんていう構図でしたでしょうか。
湘爆の江口くんもそんな感じです。不良=かっこいい男みたいな図式になってまして、実は気は優しくて力持ちでひょうきんでみんなの人気者、といったところでしょうか。時代を感じさせるヒーロー像だなー。江口くんの場合は手芸が達者というセールスポイントもあるのだけど後半はそれがほとんど見られなくなったのは残念。
ワタクシは”その他”桜井くんが好きです。

この完全版の13巻の帯が萩尾望都のコメントだったのが一番驚きでした。
スポンサーサイト

Comment

はるのすけ | URL | 2008.04.20 21:51
我々の世代は中学でビー・バップ、その次に湘南爆走族がきましたね。アホな同級生がまねてましたが、湘爆はまねするのが難しい。特に紫のリーゼントなんかいるかっつーの。
ツモ | URL | 2008.04.22 17:21
はるのすけさん

いわゆる「ツッパリ」ブーム的なものがありましたよね。ワタクシも制服のスカート丈が長かったです。だって当時はそれが流行りでしたもの。
Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1056位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
601位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。