スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サクリファイス』『エデン』を読んで その2

ワタシはロードバイクに乗って走ったことがない。しかし前々からどこか憧れがあった。たぶん弟が趣味で乗っているから、というのもある。近年軽快に走っていくロードバイクを見かける機会も増えた、というのもある。

突如まことに現実的な話になって申し訳ないが、下の娘を幼稚園に送迎するためにワタシは毎日自転車には乗る。娘を後ろに乗せてママチャリで走っている。電動アシスト付ではない。上の娘も過去同様に送迎した。子供の送迎であるからもちろん安全第一の走行である。
幼稚園までの道は途中傾斜はたいしたことはないもののダラダラと長く続く上り坂がある。安全第一の走行とはいえこのダラダラ坂を上るには体調や気持ちが影響する。気分良く一気に上ることができる日もあれば、どうにも体が重く感じペダルを踏む力が出ない日もある。
たかがママチャリだ。日常の足にすぎない。しかし青空に恵まれた快適な気温の朝の空気の中軽快に上っていける日は、その後一日やはり気分がよく調子もよいものだ。グダグダとしか上れなかった日は、娘を幼稚園に送り届けて自宅に戻ってからも何事につけ腰が重い。どうしてもやらなければならないことがあるならばカラ元気でやりすごすのだが、あとにまわせることばかりならばすべてを保留してしまいたくなる。

己が出るものなのだと思う。
ロードバイクとママチャリでは性能は雲泥の差であるし用途もまったく違っているが、しかし己の足でペダルを踏み走ることになんら違いはないだろう。
もしもワタシがロードバイクで走ることができるならば、一体どういった走り方ができるのだろうか。憧れがつのる。弟がいつか一緒に走ろうと誘ってくれている。走ってみたい。しかし実際問題入手するためには金銭が乏しく、例えそれがクリアされたとして娘たちを留守番させてまで走りに行く、というのはワタシの選択肢にはない。彼女たちが親を必要としない彼女たちのなりの休日の過ごし方ができる年齢になるまで、ワタシのロードバイクへの憧れは憧れのままだ。それに運動能力に自信なんかあるわけもなく、むしろ衰えにげんなりする体たらくなワタシなのでロードバイクで走ることは憧れのまま生涯を終える可能性はかなり高い。だからこそ、テレビ観戦に力が入るわけである。


2009ツール・ド・フランス以降は観られるだけのレースを観ている。ブエルタ・ア・エスパーニャや世界選手権、今年に入ってからはパリ~ルーベなどのクラシック、そして2010ジロ・デ・イタリアである。ジロはそりゃあもう開幕から鼻息も荒く、とにかくじっくり観るぞ!とはりきっていたのに、嗚呼なんと寝落ちの多い日々だったのか!ワタシは春以降夜にありえんくらい弱くなった。要は遅くまで少しも起きていられないようになったのだ。これは下の娘が入園したことによる余波である。起床時刻が歴然と早まったからなのだ。そのせいで少しも夜は起きていられない。故にジロは満足できるほどに観ることができなかった。それでもいくつかのゴールまで観られたステージはやはり興奮した。ツール・ド・フランスは来月開催だ。その前はワールドカップがあるし、寝落ちの魔の手から逃れたい。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
553位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。