スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サクリファイス』『エデン』を読んで その3

先日の定期歯科検診のときに寄った大型書店で入手した本はすでに記事にしてアップ済みであるが、そのとき平積みされている本のひとつに俄然注目した。
近藤史恵『エデン』である。
ロードレースのワンシーンの写真が表紙で、帯の文句が「今度の舞台は、ツール・ド・フランス!」だった。ワタシが惹かれないわけがなかった。
よくよく帯を眺める。「あの『サクリファイス』(大藪春彦賞受賞、本屋大賞2位)の感動と衝撃が蘇る!」
もう帯で陥落である。
本によくある表紙買いと帯買いであるが、がしかしこの日ワタシの購買欲はおせいさんの小説の方が優先順位で上だった。

この作家のことをさっぱり知らなかった。きっと有名な作家なのだろうが、これまでにワタシとの出会いがなかったわけであるからして知らないのは仕方ない。いつでも好きなだけの本を手に入れられるわけではないのだ。欲は尽きなくとも銭は有限である。勘で購入に踏み切るのはバクチである。
しかしワタシは決して立ち読みはしない。それはワタシの本読みマンガ読みとしてのポリシーにどうしても反する行為だからである。ましてハードカバーの小説なぞを立ち読みするという行為はどうにも理解しがたい。
読んでみたいというインスピレーションを感じたならば、買うか公立図書館で借りるか、ワタシにはその2択である。しかしながら図書館にしげしげと通うわりには実のところあまり”借りて読む”ということが好きでないワタシである。たいていは”買う”か”諦める”という2択なのだ。図書館に通うのは、本屋で自分がスルーしてしまいがちな作家の本にあえて注目してみる、という意図で通っている。

この出会いの時点で『エデン』と『サクリファイス』は”買う”か”諦める”その2択のリストに入れられた。恋と同じで中途半端な出会いは嫌いなワタシなのだ。両極端な結論しか持たない主義なのだ。

「リサとガスパール&ペネロペ展」を堪能した日は、大型書店にも行った。歯科検診で行く書店とは別のところで、規模もずっと大きい。本当はもっと頻繁に通いたいと思っている店である。本当に久しぶりに行くことができて嬉しかった。どうして自宅からさほど遠いわけでもないのにこれほどに訪れることができないのか。それは生活の優先順位の問題だ。ワタシは優先順位を重んじる実は変なところで生真面目で柔軟性のないヤツなのかもしれん。

それはさておき、ワタシはそれほど日を置かずして『サクリファイス』文庫版に出会った。これはもう運命なわけだ。迷わず購入するべく買い物カゴに入れた。大型書店にはカゴが置いてあるよね?ワタシは完全に食料品を買うノリで本を買ってしまうタイプなのだ。本気で買うときはカゴがいっぱいになるのだ。この日は普段の欲を抑えたストレスが爆発した日だった。しかしながらこういった日は年で数えるほどしかなく、しかし結果的にカゴいっぱいまで購入するけれども相当葛藤し購入の選別をしているのだ。『サクリファイス』はこの時”購入”の方に選ばれた。もうワタシに読まれて好きなように感想を持たれるしかない籠の中の鳥状態なのだ。(なんか、文章がおかしくなってきた。でもこのままでレッツゴー)



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
746位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。