スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニング

夏休み明けの学校から、上の娘の学年は「心身の鍛錬のため」毎朝早めに登校しランニングをする、という知らせがきた。
残暑というより猛暑残る現況に、酷なことだな、と正直思ったが、ワタシに似てダラダラ性分の娘にしては思いのほかそれなりにやる気になっているらしく、ならばとたっぷり水分補給のためのお茶を水筒に用意してやるだけであった。

数日後、下校後の娘が「放課後の練習にも参加する」と報告に来た。毎朝のランニングは全員参加で、それとは別に放課後になにやら自由参加の走るトレーニングがあるらしい。毎冬に駅伝大会があって、その選手に選抜されたい生徒向けの練習ということだ。
娘はとてもじゃないがその選手に選ばれるほど走れない。それが目標なのではなく冬の持久走大会での自分のタイムを上げるために練習しようと思う、とのことだ。耳を疑う程の勤勉な発言におかーさんがちょっとジーンと感動したのは内緒だ。

先生が「放課後の練習にも参加する人はランニングシューズを履いたほうが足への負担が減るので好ましい」と仰ったとのことで、年中自転車操業的我が家の財政をそれとなく察知している娘が申し訳なさそうに「買ってはくれないだろうか」と相談してきた。ダラ娘の珍しくも積極的な意思に内緒ながら感動しているおかーさんが即答了解したのは言うまでもない。
ちなみにここ数ヶ月毎晩終電帰りのまともに休みなしで働く相方にこのことを伝えたならば、やはりワタシと同様の感慨だったらしく、無理無理に久しぶりの休みをとって大型スポーツ用品店に連れて行ってくれた。

上の娘はインドア派である。なにかしらのマニアになりそうな気配もする。親に似たのだ。しょうがない。
しかしながらワタシと相方は思春期は体育系活動をしていたので、娘にもそういった期間を過ごして後にインドアの趣味に勤しんでほしいと常々思っていた。体の鍛錬はアホらしい体育系のノリは除くとして成長期に必要であると思う。でも強要するということほどアホらしいことはないので、それについてはほとんど口を出さずにいた。本人の選択だ。好きにするがよい。

しかし娘も成長しているのだ。
ワタシや相方が思っている以上に、娘なりの意思や考えががあるのだ。青臭い「頑張ろう」と思う気持ちには親バカながら感動させられる。目標が小さかろうが大きかろうが子の純粋な意思が親は嬉しいものだ。


トレーニング用シューズといえど専用のシューズは履き心地良かったらしく、「早速走ってみたいなー」と言い出した。ワタシも相方も一瞬沈黙してしまった。娘は暗に、一緒に走ろうよ、と言っているのだ。
我らは走れるのか?はっきり言って自信がまったくない。

「あー・・・、パパが走ってあげなよ」

先に言ったもの勝ちである。
相方はプライドの高い男だ。娘に誘われたならば、よーし、おとーさん頑張っちゃうぞー、と走るに違いない。超運動不足なのだ。倒れたら困るが限界くらいはわかるだろうから、ちょっとは体を動かすが良い。
そこに下の娘が「一緒に走るのー!」と言い出した。

結局シューズ購入記念試走ということで、一家総出で近所の川の堤防を走ることになった。上の娘と相方はふたりのペースで走ってもらうことにし、ワタシは下の娘が気の済む様に引率するために超スローペースで走ることとなった。相方は無理してるとしても上の娘はなかなかのペースで走っていく。どんくさい娘だと思っていたが、それなりにやれるんだな、と感慨深い。
下の娘はまだ5歳、当たり前だがペースなぞわかるはずもなく体力もそれほどない。一緒に走って引率のワタシが疲労することはない。
相方はガチで走ってみて分かってはいただろうが体の衰えに愕然としたようだ。上の娘はシューズの試走に満足していた。下の娘はみんなでお出かけしてご機嫌。ああ安い楽しい休日だ。

「うえー、気持ち悪いー」とか言ってへばる相方を横目に下の娘を引率しただけのワタシは、一体どれくらい走れるのだろうかと、ふと思った。




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1837位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1011位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。