スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニング その2

ここ数年お家エクササイズは断続的といえどそれなりにやってきた。しかし走るということはまったく別次元のような気がする。ランニングやウォーキングがこれだけ流行っても自分は無理だろうと決めてかかって、やってみようと思わなかった。大体「ただ歩く、ただ走る」という行為に苦行のようなイメージしかないのだ。
しかしこう言ってはなんなのだが、超不摂生の運動不足の相方が「気持ちわりー」と言いつつも上の娘と同じように走っていたでないか。ならば今のワタシは相方よりもそこそこエクササイズしてるし、もしかしたら・・・?と思ってしまった。

週明け、相方が出勤し上の娘がランニングのために早めに登校し下の娘を幼稚園まで自転車で送っていった後、ワタシに気まぐれに芽生えたチャレンジ心を抑制するものはなにもなくなった。
気温は高い。しかし炎天下というほどでもない。水分補給の術さえなんとかしておけば問題ない、とばかりに準備して一家で走った同じコースへ向かいいざランニング開始。

歩くのに毛が生えた程度のペースだ。でもそれでも全身にどっしり負担を感じる。ビリーやトニーのエクササイズで感じる体への負荷とはまた別のものだ。走るというのは、例えウォーキングレベルペースの走りだったとしてもやはり負荷が違うらしい。
暑い。汗が滴り落ちる。走るフォームなぞひどいものかも知れぬ。でも川のある風景はゆったりと広く気持ちが良い。どうにも無理だったら歩けばよい、と気楽に構えているおかげか、のろのろとながらも足が動く。遠目にしか見えなかった風景が目の前に近づく。

結局、あそこまで走れたらいいかもねー、と思っていた地点まで、あくまで歩くのに毛が生えた程度の速度ではあるが、たどり着く事ができて大変満足した。もちろん息は上がっていて、有酸素運動限界スレスレの状態だったと思う。
復路はウォーキングにしたおかげなのか翌日身体の反動はそれほどなかった。


というわけで、調子に乗ってしまいそれから毎日走っている。

お家エクササイズも決して悪くはない。楽しいものだ。っていうか楽しいと思えるものしかやらない。楽しいと思えないとお家エクササイズなんてやってられるかつーの。
しかしやはり外の空気は違う。
ワタシは大変ひきこもりがちな人間であるが、別に外が嫌いなわけではないのだ。

走る堤防のコースはなかなかに素晴らしい風景だ。ロケーションは大事だと思う。小休止時、水分補給しつつ辺りを眺めると、空が高く広く、川岸の緑は鬱蒼と青々としていて、暑いとはいえ川からほんのりと涼やかな風を感じる。近くにほとんど人もいないものだから、
「ふはは!この景色は今すべてオレ様だけのものなのだ!」
と地球征服を企む悪者のように、アホらしい満足感にひたったりできるのだ。

ウォームアップとクールダウンを兼ねたウォーキングを含めたった5キロという距離ではあるが、やるじゃんオレ、わはは!とずいぶん満足している。別にレースを目指しているわけでもないので、これでいいのだ。




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1056位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
601位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。