スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちは何時でも既視感だらけの食卓

佐々木倫子といえば『動物のお医者さん』かと思うが、これ以前の短編や連作に例えようのない個性的な秀作も多い。


『林檎でダイエット』を代表とする雁子と鴫子姉妹のシリーズは、ホントのところ結構な美人姉妹なのに天然ボケでベタな性質と変ににじみ出ている生活感のせいかあまりモテず地味に暮らしているはずの日常にほんの少しばかりの事件というほどでもないけれどでも普通そんなことはまあないわなー、的エピソードの短編連作である。

このシリーズでワタシの最も贔屓にしているのが『既視感のおかず』である。
要は「食卓がなんの代わり映えもないやんけっ」というのが発端で、「賞味期限にはもっと気をつけるでしょ、常識的に考えてっ」みたいなところに行き着くだけのストーリーなのだが、この短編にこそ作者の個性が凝縮されているとワタシは切に感じているわけだ。

もしお手元に単行本なぞあればご覧になっていただきたい。
冒頭「北海道といえども夏は暑い」のコマである。北海道土産のベタで古典的な代表品”木彫りの熊の置物”を彷彿とさせる威嚇クマの絵を煽る「北海道」の文字上のルビ的「おっかいどう」、かつそのコマ右下の手書き”タバコは市内で買いましょう”。もう語る言葉なしこのセンスに脱帽、だ。物語の導入の小さなコマにそれらを詰め込む感覚ぞ。姉妹が北海道在住で舞台は夏という設定、かつ作者も北海道在住ということでそれらが描かれて特に深い意味もないコマであるかとは思うのだが、とはいえ”タバコは市内で買いましょう”という地方の昔ながらの古びたタバコ屋の窓口付近でしか見ないような標語をまさか少女マンガのひとコマで見ようとは、という衝撃である。

続けて既視感(デジャビュ)という感覚の説明コマ直後の
「今朝だって西瓜の種が行方不明になったというのに」
という不可解な言葉。は?西瓜の種?行方不明?と思考は煙に巻かれるようだ。

そして既視感を鴫子が覚えた食卓の全容として、おとついの夕食、きのうの夕食、きょうの夕食、とメニューが絵で描写される。要は食材使い回しの連日似たようなおかず続き、ということなのだが、ここで突如あまりの生活感出まくりの説明描写にかえって一気に話に引きずり込まれる、という計算されつくした展開なのか否かさっぱりわからず、いやはやとにかく恐ろしいばかりの突飛とも言える展開。

でどうして代わり映えのないおかずなのかという雁子の説明に入り
「暑くて夜しかまともなものを食べない、そんな生活でヘタに食材の補充はできないから残っている材料の使いまわしがマンネリの原因だ」
とあっさり理由が解き明かされる。
さらには残りの食材だけに賞味期限切れもザラだという爆弾発言。就職浪人している雁子がヒマなので炊事を全面的に担当しているわけだが、つまりは賞味期限に対してあまりに無頓着であるという事実発覚。それに大いに衝撃を覚える鴫子であった。

で、「行方不明になった西瓜の種」は、暑くて夜しかまともなものを食べない姉妹は、日中口当たりのよいアイスだとかソーメンだとかスイカだとかばかりをテキトーに食べているに過ぎない、ということで、日中雁子がスイカを食べているときタネが落ちて服の中に紛れてしまい探しても見つからず下に落としたかと思えばそうでもなく何処に行ったかわからなくなってしまい、それを「行方不明」と表現したということ。結局寝間着に着替えている最中、ヘソの横にひっついていたのを発見し満足気な雁子と、姉のマイペースさ無頓着さにげんなりする鴫子であった、というオチである。


なんだ、このストーリーは。淡々とながら実は畳み掛ける展開である。実にどうでもいい小ネタで一本短編を描ききってしまう作者の力量にワタシは感服するわけだ。
日常の小ネタというものはさほど面白みがあるわけではない。それは受け取り手の感覚に左右される筋合いのものが多い。すなわち多くにうける爆発力にかけるのだ。いわば深夜ギャグの世界である。


メジャーになったからあえて批判する、というのをワタシは好まないが、この作家はこういったマイナージャンルでこそ素晴らしいセンスを発揮すると思っているのは事実だ。



スポンサーサイト

Comment

みやこ | URL | 2010.09.27 18:57
ふふふ(笑
もう微笑んでしまいました。何を隠そう佐々木さんの作品でコレが一番好きですっ。この美人姉妹の掛け合いがたまらなくて、ワタシも姉妹とゆ~だけでは同じだったりするので(残念ながら『美人』はまぁおいといて)、この2人のトボケタ感じに、「かくありたい」と思ってきましたよ~。
佐々木さん、最近の連載ものも悪くはないですが、たしかに少々納得いかないものであったりします。まぁ好きなのは変わらないんですけど(笑
ツモ | URL | 2010.09.29 17:58
> 佐々木さん、最近の連載ものも悪くはないですが、たしかに少々納得いかないものであったりします。まぁ好きなのは変わらないんですけど(笑


そうなんですよ。ワタシもそう思ってまして。
なんと言い表せばいいのやらわからんのですが、んー・・・と思ってしまう微妙な点があるといいましょうか。
キャリアを積み重ねて作風に変化が出るのは当然なのでしょうけれどね。
Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1056位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
601位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。