スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事が美味しく感じるうちは大丈夫

前回、愚痴と泣き言を吐き出しつつも「大丈夫です」なんて小奇麗なまとめ方をしたのだが、それはかなりワタシの表向きの顔であったと思う。

誤解のないよう申し上げるが、前回述べたことに別に嘘はない。「子の保護者としてのワタシ」は「これからPTA役員に当たりそうで不安を感じている方」に向けて申し上げたことのように思っている。また、「そう思うべきだ」とも感じている。
これは「本音と建前」ともまた若干違うのだ。

大変私的な素の自分のままでPTA関係の人々と関わってしまったら、やはり自分の子に悪影響を及ぼしかねない、と思う。というか素の自分は見事なほどの「ひきこもり性質」なので、とてもじゃないが対人関係で洩らすわけにいかない、というかすごく自分のケツ叩いて必要な分だけの社交をしているのだ。気の置けない間柄でしか出さない素の自分の部分が変な形で露出してしまって「あの変な母親の子」みたいに見られてしまったならば、これほど自分の子に申し訳ないことはない。
変な話だが、人がワタシを見る目はスライドして子を見る。「お里が知れる」なんていうのは結局ベクトルが逆なだけで同じことでしょう?

正直なところ、自分自身のことがどのように言われようが思われようが素の自分としてはさっぱりどうでもいい。ワタシの数少ないプライベートの友人たちは、こういうワタシを面白く感じて長年交流してくれているのだ。素の自分を認めてくれているのである。

子の学校の保護者間の付き合いというのがプライベートの友人となるまで昇華すれば素晴らしいことだと思う。ワタシは挨拶なんかはきちんとするようにしようとしているが、そもそも「親しくなりたい」とまったくこれっぽちも思っていないのである。閉鎖的な素の自分に問題アリ、なのだろうが、友人は頭数よりもその質でないか、と思っているし、マブダチは片手の数いれば十分すぎると思っている。大体上手く歩み寄ったりするのが大変苦手だし、歩み寄りたくなるような「これはっ!」と思える「匂い」がある人に全然出会わない。

出会いがいわゆる「ママ友」で、大変プライベートなマブダチになったのはこれまでに一人だけである。
縁があったとしか思えない。
お互いによく笑い話にするが、ふいに「匂い」すなわち「同類」に感じて歩み寄る瞬間が発生した。恋に落ちる瞬間と類似しているかもしれない。

ワタシは「子を通した顔見知り」の頭数だけを増やすことに特に価値はないと思っている。
女性というのは「その場にいない人」のくだらない噂話なんかを好む傾向に多くある。で、ワタシはそういうものに全然興味がないのだ。
子の親になった時から、人当たりだけは良くするように心がけつつも群れることを避けて基本的に「ぼっち」の立場でやってきたワタシは、噂話があっさり転じて悪口になってしまうケースを多く遠目で眺めてきた。噂話や悪口は一種の保身であろうとは思うが、なんてくだらないやり方だと思う。
ケンカは対面で真剣勝負がスジだ、と思うワタシである。陰口はいただけない。批判は手順を踏んで正当にすべきだし、どうしても吐き出したければ完璧なオフレコのセッティングをした上ですべきだ。

PTA役員といえば大半が生徒の母親で構成される。男性がPTAに直接関わるのは、地元の名士の跡継ぎだったりよっぽどボランティア精神旺盛でない限り、「子供に関わることは母親の仕事」という日本人の典型的な不文律的慣例がある。
すなわちPTAはほぼ母親という称号の女の集団であり、よって「女の性」みたいなものが溢れがちである。

素のワタシはこれらに大変うんざりした。
表向きの顔はいちいち頑張って自分の出来る範囲で誠実に対応したつもりであるが、これも先に述べた「人がワタシを見る目はスライドして子を見る」からであって、本音の自分は大半が
「PTA活動が本当に子たちのためになって、子がお世話になっている学校のためになるのならば、なんら文句は言わないけどねっ」
という気持ちであった。

学校は子が通う場であって、親が見栄を張ったり虚栄心を満たしたりするステージでは決してないのだ。ところがそういったようにしか感じられなかった場面、形骸化して存続する価値のない行事、そういったものがワタシの中で「くだらない!」という負の要素となり、ずいぶんとイライラさせられることとなった。そんなもんだし、と流してしまえるほどに器用でもないワタシには大変しんどい役員任期であったわけである。


自分の好きなことや楽しいことだけをブログに書くもんね♪と思っていても、こんなつまんねー話がぼろぼろ漏れ出して、それはそれですっごい自分に腹が立ってしょうがなかったりする。
自分が関わって感じたことを上手に消化できないことにものすごく腹が立つ。
「ぼっち」気質ならもっと薄情に物事を進めて後で陰口叩かれても知らぬ存ぜぬでいけばいいのに、ヘタレで下手糞なのに上手く調整しようと足掻いたりする自分にも腹立つ。

もうここどのくらいだろうか。家の中のことがかなりテキトーになってしまって自分の苦手な交流と交渉を繰り返す日が続き、ホントにナーヴァスになってしまった。前回の記事はその最高潮時にアップしたもので、自分でも吐き気すらする、いろんな意味で。

でもなんとかかんとか一日一日過ごして、

まあ結局大丈夫なんですわ。
ほら、結局大丈夫なんですよ。一過性、大抵がわずかな時間の我慢とのせめぎあいなのですよ。

死ぬほど大変な事態なんかじゃあない。
ワタシはかつてこんなもんより大変な思いをしたことがあるはずだ、と再認識したり。うん、落ち込んだりもしたけれどやっぱあれほどたいしたことじゃあなかったわ。別に誰も倒れたり死んだりしてないし。



ふと、今日になって佐藤初女さんのことを思った。
佐藤初女さんのことを初めて知ったのはku:nel vol.7の料理研究家高山なおみさんの記事で、である。
「素朴であっても誠実な心が生み出す食が人の心を救う」といったその記事はワタシの心に大変深く刻み込まれた。
のちに『おむすびの祈り~「森のイスキア」こころの歳時記』という集英社文庫に出会い、ほろほろ泣きながら読んだ。
特に「ヴァレー神父様とHさん」の逸話がもう泣けてきてどうしようもないのだが、今この文を書くにあたり確認の再読をしていたならば、たまたま宇多田ヒカルの「This Is Love」が流れてきて、そうだよね、愛、だよね、と思うと今性根のへたっているワタシ号泣。
奉仕の精神なんてワタシの理解できる世界でない。少なくともワタシになんら信仰の思いがない。しかし多くの宗教が発信の自由のある日本でそういった信心のないものにもありがたく感じる教えを語ったりする。そういう無償の善意は心に響いて切ないほどにありがたい場合もある。ゆえに「神様的なエライ人が見ている」とかぼんやり感じる程度になにものかいるかもしれない大いなる存在的なものに願ったり感謝したりする次第である。


「食事が美味しく感じるうちは大丈夫」がワタシの信条だ。
それは内的も外的も同じである。一人呑みも同様だ。

ここしばらくむやみに食べて呑んで、なんら佳き気分を感じなかったワタシが昨日なんとなく残りごはんでおかゆを炊いてむさぼるように食べた。食後思わず独り言で「ああ、美味しかった」とふいに言った。白菜の塩かけたのと納豆がお供だった。それしかなかった。でもホントに久しぶりに美味しいと感じたのだった。

穿った見方だが、もしかしたら落ち込んだ気分を一新するためにあえて自己暗示的に「ああ、美味しかった」と言ってしまったかも、なんて考えて、今日も残りご飯でふつふつとおかゆを炊いてみた。家人はみな出払っていてひとりきりの真昼間、炊き上がった粗末なおかゆを、小松菜をきざんで塩をしただけのものと納豆、下の娘のお弁当のおかずの残りの玉子焼き、ブロッコリーといんげんの合えて塩とオリーブ油まぶした昨日の晩のおかずの残りといっしょに、とにかくはふはふずるずると食してみた。なんだか夢中でお椀たっぷり一杯食べて、「ああ、美味しかった」とやっぱり思わず口から言葉が漏れ出た。


ああ、ワタシは大丈夫だ、そう思った。




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
746位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。