スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「河よりも長くゆるやかに」吉田秋生

これこそがワタクシの青春の一冊である。
と書くと大袈裟ですが。


『河よりも長くゆるやかに』は男子高校生が世の中を斜めから見て茶化したり、シビアに悩んだり、煩悩でアタマがパンパンになったり、大人の事情に振り回されて不条理に感じたり、それらがいちいち当時の自分を思い出させ懐かしくなったり恥ずかしくなったりします。


近頃頻繁に思春期から青年期の自分を思い出してはうぎゃーーーっと叫びだしたくなります。なんと恥ずかしいバカ野郎だったのでしょうか。出来ることならば当時の自分にバケツで水をぶっかけてやりたいくらいに。
世の中のことがわかったような偉そうな態度と口だけは無駄に達者なクソ餓鬼だったワタクシでしたので、両親も扱いには辟易していたと思います。流石にこの歳になって、過去のこととは言え両親に申し訳ない気持ちがふつふつと湧いてきたりしてそれとなく詫びを入れてみたりしてますが、返す返すもよくぞ見捨てないでいてくれたものだ、と感謝と尊敬の念を抱かずにはいられません。
逆にかつての両親の行動や言動で、いまだに納得できなかったり実はちょっとばかり傷ついたままだったりすることもあります。クソ餓鬼だった頃はそういったことを逆手に取って反発しまくったわけですが、さすがにこの歳にもなると、親だってひとりの人間にすぎないのだししょうがないかなと拘りが薄れ横に置いておけるようになったようです。親は神様ではないのですから。万能なわけがないのです。

こういう域に自分の気持ちが持っていけるようになったのも、やはりそれなりに歳を重ねた分だけ生きてきた経験のおかげなのかもしれません。いやいや、まだ全然小童ですけどね。精神鍛錬が足らんですから。

よく「若い頃に戻りたい」と人は言います。特に女性は若い頃の弾けるような肌や重力に負けないハリのある肉体を懐かしむのはわからないでもないですが、いわゆる青春時代に帰りたいというような気持ち、「あの頃は良かった」的な気持ちはあまりわからないワタクシです。ワタクシは神様が時間を戻してやろうと仰ってもまっぴらごめんです。再び小童最上級な時代をやり直すなんて拷問か、と思うのです。
やり直したとして、それはもう素晴らしい青少年にでも自分がなれるもんならいいかもしれませんが、所詮器が変わるわけでなし、絶対同じようなことを繰り返すだけです。頭の中だけは現在の自分であれば多少はマシかもしれませんが。

ただ、かつてバカやっておいてよかった、とも思っています。
もし若い頃にただひたすらお手本のように品行方正にしていて、ハメをはずすこともなくバカをやることもなくいたとして、万が一いい歳をした大人になってから爆発しちまったら、それこそ大問題で周囲が大迷惑大混乱するってものです。若い頃ならまだバカ野郎で済まされたかもしれないことが、大人になってからだと本当に痛いことになってしまう。


高校生になって吉田秋生作品に出会い、これがはじめに読んだもののひとつです。部活の男の先輩に「おもしろいから読んでみな」と薦められたのでした。それまで割と単純な少女マンガばかり読んでいたワタクシのマンガ暦の転機のひとつになった作品でもあります。


河の上流は水は綺麗だけど、流れは急で河幅も狭い。
河の下流は水は汚れはするけれど、海に近くなって河は広くなり深くなりゆったりと流れる。

どっちがいい?
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1029位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。