スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車とランニング

下の娘が通う幼稚園では、年長組の子らだけが一輪車で遊ぶ権利がある、というお約束があるらしい。一輪車の台数の問題と安全面を考慮した上でのお約束なのだろう。
娘はこの春年長組に進級し、同級のおともだちらと早速一輪車にトライし始めた、らしい。
娘はあまり幼稚園であったことをワタシに話さない。ワタシもいちいち園生活のことを聞かない。必要があれば娘から言ってくるだろう、と思っているからだ。上の娘にもそういった対応でやってきたので、とかくワタシは娘たちの誰と仲がよい、とかどういったことがあった、とかいう細かなことを知らない。娘たちが話したいことだけ話せばよいと思う。
かあさんは気配や雰囲気でまあいろいろ察知だけはできますが。

さて、下の娘からはごくたまに一輪車へのトライの報告を受ける程度で実際現場を見たこともないし、一体どうやって練習しているのだかさっぱりわからないのは、ワタシが一輪車なんぞ乗れやしないからであるのだが、娘が「だいぶ乗れるようになったよー」なんて言うのも話半分で聞いていた。
ある日下園時に担任の先生に呼び止められて「一輪車ずいぶん上手になられましたよー、もう結構な距離走れるようにならはってー」と言われた。思わず「マジですか!?」と言ってしまったワタシだ。

娘の「だいぶ乗れるようになったよー」は本当の話だったらしい。話半分に聞いてごめんよ。だって、幼稚園児なんて結構なんでもおおげさに言うからさー、ってこりゃ大人の言い訳。


で、補助輪つけて自転車に乗っていた娘であるが、一輪車にそこそこ乗れるのだったら自転車なんて楽勝じゃね?と思って。そういえば「コマなしの練習したいー」って春先からずっと娘は主張していた。上の娘の卒業、入学なんかでドタバタしていてすっかりスルーしてしまっていてごめんよ。補助輪外して近所の川の堤防の遊歩道で練習開始。

上の娘の時は相方がコーチだった。なんかこれはとうさんの仕事だなーってワタシが思ったから任せたのだったと思う。
それからずいぶん時が流れ、相方はすっかり仕事中心にならざるをえない年代になってしまい、娘たちと会話したり遊んだりする時間もままならない。だから今回のコーチは不肖ワタシである。
「一輪車にそこそこ乗れるのだったら自転車なんて楽勝じゃね?」は大正解で、補助輪を外したその日にほぼ乗れるようになった。

乗れるようになったならばビュンビュン走りたくなるものだ。娘ひとりで行かせるわけにはいかないので、ワタシは走るしかない。そして娘は連日自転車に乗りたがる。思わぬランニングの再開となってしまった。
昨年の秋頃は頻繁に走っていたのだが、厳寒の冬場にはやめてしまった。半年ぶりに走るのはそれはそれは体への負担が半端なく下半身がひどい筋肉痛に襲われたりもしたが、娘はスイスイ自転車に乗れるようになったし、ワタシは久々に運動できているし、梅雨空の隙間から覗く青空はなかなか良いものだ。


ランニング、といえば、吉本ばななの『ムーンライトシャドウ』を思い出す。作者の学生時代の作品で、結構な少女マンガな雰囲気全開の作品であるが、作者の執筆当時の誠実な若さが溢れていて、大変好ましい作品である。
作中のランニングは決して幸せな健康的なものではない。悲壮感たっぷりのギリギリの精神の若い人がなにかに縋りつくように、なにかを思い出さないようにするために走っている。痛みと哀しみを纏いつつも新たな一歩を踏み出す転換期を迎える準備期間のランニングなのだ。
川を渡る橋の向こうを彼岸としたストーリを思い出し、ワタシが走る川の堤防にいくつもの大きな橋がかかっているが、その中のひとつになかなかに美しく迫力ある鉄橋があって、確かにドラマを想像させる画であるな、と日々納得する。


水際には畏怖と浪漫が混在するのだ。

なんて思いながら、娘の自転車を追ってエッチラオッチラかあさんは走る。




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1029位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。