スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一条ゆかりの食生活」

近頃ストーリーマンガはご無沙汰。
小説も全然読んでいない。読もうと思って入手済みの本が山積み状態だ。非常にもったいない。
読む手軽さが小説よりはるかに上なのでマンガを未読で放置することはないけれど、新しく入手もしないし所有のストーリーものの再読もしない。

原因ははっきり3つある。
1つはあくまで周期的なものでただの休間期。以前にも書いたと思うがいくら本類が大好きとは言え、さすがに年中無休で読み続けるわけではない。バイオリズムの一種のようなものである。
2つに今が梅雨時であるということ。湿度が最高潮に高い状況では体調もいまいちで頭もまわらず本類のコンディションも悪くなってしまい、むきゃーっとつい投げ出してしまう。
3つに現在痩身のために自宅でせっせとエクササイズしてるため時間配分の比重が体を動かす方に思いっきり傾いている。

この3つの要因がスクランブル状態でどうにも本類離れしてるわけでして。
今年は休間期の周期が妙に早く訪れるのも如何ともし難いところではありますが、昨年ハイペースで濫読した反動かもしれぬ。
ということでブログ始めたくせに更新ペースが異様に遅いのだけど、本類離れしてる時は所詮一般人のチラシの裏書きでもさっぱり文章が組み立てられなくなるのです。とほほ。

ただ、本類離れしていても寝る前に本の少し何か読みたいけど頭をあまり使わずサラサラ~と読み流したい、と思う時にエッセイマンガによく手をのばします。もちろんただのエッセイでもいいのだけどその文章すら読むのが重く感じたらば、読み流すというよりぼんやり眺めてなんとなくページをめくるマンガエッセイがより手軽なのです。

ちょうどダイエット中の身としてはあつらえ向きだった御大のエッセイマンガです。御大の食生活への執念とその弊害から生じるダイエット魂がどこまで本気かわからないノリで描かれています。豪華なディナーの話なんかは小市民の自分には現実味があまりないところですが、御大の自宅の食事内容は突然身近になりすぎて笑えてきます。実は参考になるプチレシピもあるし。美しい料理本よりもこういうプチレシピの方が結構参考になることも多いです。
スポンサーサイト

Comment

みやこ | URL | 2008.07.11 19:57
持っております。これも(笑
御大のあくなき食と美への追求には、常にそのあたりにパワーが足りないワタシには、眩しくもあり、ついていけなさも少々ありましたっ!
しかし、最近人と話してたら、「料理はいいね!」という一言で終ることが多いのです。料理というものは、心にも体にもよいものだ!という結論に、なにやら周囲はなりつつあります(笑
ツモ | URL | 2008.07.22 11:38
みやこさま

確かに料理は心も体も健やかに保つものであるのでしょうが、ワタシもそこまでの追求心がないのですよ。いやはや、ルーティンワークのようです。たまにやる気を漲らせたりもしますがイベント的なものです。
美の追求なんざ、ホント全く無縁ですね。それもどうかとは思うのですが、どうやら自分にはそういった方面の色気がないといいましょうか。わはは。
Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
689位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。