スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土鍋ごはん

ワタシが鍋でごはんを初めて炊いたのは学校の調理実習だった。文化鍋で炊いて、フツーに美味しく炊けた記憶がある。意外と簡単だな、と思ったことも覚えている。
飯盒炊さんは何度も参加はしたけれど、あれは何故かヤローどもが熱中してしまう代物で女子供の出る幕はねえ、って感じだった。


さて、うちにある土鍋でごはんを炊いてみた。

2011/06/24


炊けたね。
フツーに炊けた。
簡単だったね。
美味しかったさ、フツーに。



こちら近畿圏も「節電」で大騒ぎ。
で、ネットの海をふらふら泳いでいると、多くの節電アイディアを見ることができる。PC稼動がそもそも本末転倒、というのはよく理解しているが、電力使用状況を報道しているのはテレビだったりするわけで。あちらこちらで本末転倒。


閑話休題、うちの炊飯器がもう古びてて。いつダメになるかわかりゃしない14年モノ。で、もし突然壊れても鍋でごはん炊けるなら問題ないよなー、と前々から思っておりまして。

土鍋は相方が独身の頃から持っていたもので、安物なのだろうけれどなんかずーっとフツーに使ってるものだ。水炊きしたりおかゆ炊いたり、残り冷やごはんで雑炊したり。
ごはん炊き用の土鍋とかあるらしい。でも別に無理して買わなくても大丈夫さ、実践済み。


「鍋で炊いたら本当に美味しい!」
「炊飯器とは全然違う美味しさ!」

といった賛美をかなり見かけたのだが、なんかそこまで持ち上げるのもワタシにはイマイチ。
一方を貶めて一方を褒める、ってのは好きじゃない。

ライフスタイルに合わせて調理方法も家電も選べば良いと思う。



節電を訴えられて、そりゃあ自分達にできることしようとは思ったりするけれども、あの電気無駄だよね的なものを外に出るとゴロゴロ見かけてしまい、家庭に訴えるのも大事だろうが、外のどうでもいいような場所にも電気使いすぎって思えるものが多い。

いろいろ見直すべき時なのだろうけれど、果たして。






スポンサーサイト

Comment

ひぐち | URL | 2011.07.04 15:32
どーもですー。
暑いですなぁ。
ほんま、暑すぎ。。。

うちは今、二人とも外で仕事してるのでクーラーは夜のみですが、もうつけずにはいられませんね。
寝てる時もつけっぱです。
つい先日まで寝てる時の設定温度は27度だったのに、汗だくで目が覚めてからは26度に設定されてます。w
何せ、犬が引っ付いて寝るもんで、暑い暑い。
向こう行けやーって足蹴にしても、気付いたら枕取り合って寝てたり。。。

土鍋持ってる独身男性って今考えると珍しいような・・・。
うちの旦那ちゃんなんて、ほとんど調理器具もってなかったですもん。
土鍋でご飯たいても炊飯器で炊くのと味はあまり変わらなかったと私も思いました。
ってか、土鍋で炊くとこびりつくから面倒くさい。。。
炊飯器って便利ですよねー。
ツモ | URL | 2011.07.06 17:07
ワンコとかネコが引っ付くとそりゃあ暑いなー。
毛皮着てるんやもんなw
幼児も体温高いからワタシも寝汗かきまくり。


> 土鍋持ってる独身男性って今考えると珍しいような・・・。

学生の時の鍋会のために用意したものらしいからやたらデカい土鍋です。
ヒグチもこの土鍋で一体何度食って飲んだことかw


> 炊飯器って便利ですよねー。

そーなんだよね。ごはん炊くだけじゃなくていろいろ調理できるしさ。
土鍋でごはん炊く利点は炊飯器よりずっと早く炊けるってことだな。だから今はずっと土鍋炊き。とっとと食わせねばならんのでね。
こびりつくことは全然ないなー。
Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1450位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
822位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。