スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノスタルジィと現実肯定

ご無沙汰でし。


上の娘がPC占領しやがるせいでここの更新も全然できなかった。まだまだ子供のくせにネットばっかしするんじゃねぇーっ、誰がそんだけやっていいって言ったんじゃあーっ、とどれだけ叱っても生返事ばかりでワタシの言うことなんて聞きやしない。で、つい、オレが全然更新できねんだよーっ、て言ったら、「あ・・・ごめん」と素直に謝りやがった。なんだかなぁ。


あー、久々に文章書こうと思ってもアタマが回らんなー。
書くって言っても手書きじゃないんだけど。
あー、アタマ使ってないわー。
書いては、っていうかキーボードで文章打っては消し、打っては消ししてるわー。


今夏、もちろんものすごく暑くはなったのだけれど、昨夏のとんでもない暑さに比べればよほどマシ、という自己暗示のもとに(いや、実際マシなんじゃない?)茹ったり溶けたりしそうな手前で踏み止まっている感じで、「やり過ごす」だけのどうしようもない程でなくそこそこ動いているし。


相方の里へ帰省→渋滞に巻き込まれつつ自宅に帰宅→相方SUMMER SONIC OSAKA突撃のため離脱→ワタシは娘たちを連れてワタシの里帰省

という行程で1週間ほど過ごした。


上の娘は10歳前後から猫アレルギーらしき兆候を見せ始め、ワタシの実家に訪れるとついには鼻水をたらし蕁麻疹さえ出すようになった。アレルギーが辛そうな彼女を見て、ワタシの足は実家から遠のいた。ワタシの両親も気を使ってか彼らの方から我が家に訪れるようになった。
しかし娘は猫好きっ娘だった。本人も周囲の者者もジレンマを感じていた。

そしてゴンが亡くなり娘の猫アレルギーはワタシの実家を訪れても発症しなくなった。寝泊りすら可能となった。アイちゃんは健在なのだが、推測するにどうもゴンの長く柔らかな毛がネックだったとしか思えない。

誰にでも「撫でてええよ?」と腹を見せまくったゴンの愛嬌を思い出すに、上の娘が生まれたばかりの新生児の頃、やはりゴンはふにゃふにゃの新生児たる娘のそばにどれだけガードしてもやって来て、ゴロリと寝そべり「撫でてええよ?」と新生児に向かって言っていた。「まだその娘は撫でれんわー」と突っ込んだのも今は遠い昔のことだ。


そしていくらワタシの育った家とはいえ、やはりもはやそれはワタシの家ではないのだ。
相方も同様だろう。

帰省はいつもほんの少しばかりのノスタルジィを呼び起こしながら過去を懐かしみつつも少しも過去に戻りたい気持ちをもたらさない自分の意外にも現在肯定のスタイルにニヤリとしたりする。


残暑お見舞い申し上げます。
残暑なんて可愛いもんかっ!?って毎夏思うけど。
ああ、散文。




スポンサーサイト

Comment

みやこ | URL | 2011.08.19 18:48
まさに、たしかに、同じような気持ちを抱いたこのお盆でした。ワタシの場合は下の世代へとつながっていないとゆー、チョットなんとも「家」とか「家族」とゆーものに今ひとつ足がついてないようなフワフワ感も感じつつ、少々はいろいろ悪いなぁ~と思いつつ、でも結局まぁこういうのもアリでしょう!と今の生活肯定へとなっちゃっておりました(笑
いやぁ~、普段行かない実家近くのスーパーなんか行くと、「もしかしたら、ずっとここで買い物する生活だったかもなぁ」とか思ったり、なんだかそんな思いも少々楽しんだ感じです。
ツモ | URL | 2011.08.22 19:42
ボロい借り物の家でも、ここが「自分の家」なんだなー、と年々強く両実家から戻るたびに思いますです、はい。


帰省は妙な疲れがあとから来るんですけど、迎え入れてくれてる親たちもきっと嵐が去った後のような気分なんでしょうねぇ。
帰省ってなんかドMな風習?w
Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1056位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
601位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。