スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしく美しき高校生活

前回少しばかり触れた、よしながふみ「フラワーオブライフ」について。

なんというか、ああこんな高校生活が送れていたならばもしかしたら今の自分とは違う自分だったかもしれんなぁ、なんて思う。

青少年たちの高校生活を描いた「フラワーオブライフ」である。
オシャレと恋に夢中の子、委員長タイプの真面目な子、お調子者の子、ごくフツーの子、そしてオタクの子、属性さまざまな子達が学校生活の中で次第に仲良くなっていく。みんなでテスト勉強して成績アップを狙ってみたり、文化祭で奮闘してみたり、クリスマスパーティを催してみたり。時には気まずくなったりケンカしたりもするけれど、やがてきちんとお互いの非を認めて仲直りしたり。

これはあくまでもワタシの経験上の話ではあるが、マンガ描きやマンガ読みというのは一般的に敬遠されがちなもので、そういう趣味を隠して学校生活をすごすか開き直ってオタク道を邁進するかしか選択権がなかったように思うのだが、この話の登場人物たちはオタクと非オタクが和やかに交流していて、マンガ描きの子の作品が学年内で回覧されて話の続きを期待されたりしているのだ。
ありえない。ワタシの経験上ではありえない状況なのだ。

人は排他的なところが大いにあるものだと思う。
認め合うというのはなかなかに難しいもので、もしもそれがごく普通に誰にでもできることならば世界はずいぶんと平和がそこら中に広がっているはずなのだ。

だからワタシは「フラワーオブライフ」を夢物語だと思った反面、うらやまけしからん、とはさすがにこの歳になっては思わず、楽しそうだなぁ!と和みコピペを読んだような気持ちを持った。
ただ楽しいだけでなく、それぞれの登場人物にそれぞれの悩みやコンプレックス、他人には言えない思いがあって、そういったものを抱えながらも明るく楽しくスクールライフを謳歌しようとする正しさが前面押しされているのはかえって清清しい。




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1029位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。