スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵・紫式部

ずいぶんと前のこと、書店で見かけた「異本源氏物語 千年の黙」の帯には
「帝ご寵愛の猫、幻の巻「かかやく日の宮」ふたつの消失事件に紫式部が挑む!」、さらに
「第13回鮎川哲也賞受賞作」
とありなるほどミステリなのかと把握したものの、いやいや、紫式部で源氏物語でそれが一体なにがどうなって本格ミステリが成立するの?と、もうそれはそれはワタシのハートを鷲掴みにする見事な文句だった。

それからまたずいぶんと時が流れた過日、その続編というかシリーズである「逸文紫式部日記 白の祝宴」と「覚書源氏物語『若菜』 望月のあと」を読んだのだが、ああ面白い、とてもとても面白い!なんの捻りもない感想で申し訳ないが、ホント面白かったです。


古典に興味が無ければ、というか源氏物語に一切興味が無ければ、このシリーズはまったく面白いものではないかもしれない、と思う面は確かにある。しかし紫式部に源氏物語といえばどれだけ古典に興味がなくとも否応なく学校でなにかしら教えられたものだから、舞台設定がさっぱり訳分からん、とか何言ってるんだか意味分からん、ってことはないだろうし、むしろ氷室冴子の「なんて素敵にジャパネスク」に似たようなノリがあると思う。

「ジャパネスク」は大納言の一の姫たる瑠璃がバンバン外を出歩くあたりかなりパラレルワールドな具合ではあるが、現代人としては瑠璃の行動力は小気味よく感じるし、瑠璃ほどではないにしても、ホームズよろしく探偵役である紫式部と、ワトソン役たる紫式部のプライベートの部下の女房阿手木は結構な行動力で謎を解き明かそうとするし、彼女たちの縁ある身分の軽い者たちは彼女たちの手となり足となり颯爽と都を駆ける。
おじゃる~な世界観の中で生き生きと行動する人々の描写は本当のところの当時の身分ある者の領分の姿ではないだろうが、フィクションなんだし想像の世界は自由だ。


宇治十帖についてまだ触れていないからということで更に続編を構想、といったことを作者が言及しているのでとても楽しみにしている。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1056位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
601位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。