スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世はすべてこともなし

連日37℃とか38℃とか理解したくもない熱攻撃だもので、ふいに32℃やら33℃やらの空気になると「いやー涼しいじゃあないかー」などとどこか恐ろしい言葉を思わず口にしてしまうあたり、いやはや猛暑、いや酷暑こえーといったところか。
けれども、死にはしないだろうけれど本気で倒れるかもと危惧した一昨年の夏の酷暑を思い出すに、いやもうあれよりまだ全然マシ、大丈夫、と感じていて(実際のところどーなんですかね?同等?それとも今夏の方がキツイの?)、五輪中継観なきゃいかんしドンと来いってなもんで。ええ五輪寝不足です。


閑話休題。
過日、CSでアニメ「赤毛のアン」を放送していて偶然見たのだがそりゃあもう懐かしさ全開で観入った。何十年ぶりに観たことだろう。世界名作劇場放送当時ワタシはまだ小学生だったのだから。しかしこの時はせいぜいアンがひたすら夢見がちで奇妙なでもなかなかに頭の良さ気な口のよくまわるヒロインにしか感じられず、話の展開も事件性というにはあまりに生活観溢れすぎる流れで、ただなんとなく見ていただけだった。

後に海外児童文学を少しずつ読み始めるようになったワタシは「赤毛のアン」シリーズも一応読むには読んだのだが、それがヒロインの大河ドラマだとだけ漠然とは分かってもそれ以上の大きな感慨を持つことはなく、ただシリーズを読破することに集中したように思う。

長じて、改めて読み直す機会を得、グリーンゲイブルズの美しい風景の描写やアンの成長を楽しむことができるようになり、児童小説は大人になってから読み直すとまた違った視点で読んで楽しめるものなのだなぁ、と感じた。しかしこの時点でももはやそこまでの感慨だったのだ。


で前述、偶然アニメ版を見た時、下の娘が面白気に一緒に見ていたので、これは元になる有名な本がシリーズであるのだよ、と教えてやると、これは全体どういったお話なのだ?自分も読んでみたい、と言い出した。
読みたいという気持ちは大いに結構なのだが、なにしろまだひらがなの書き取り練習をしているような年齢の娘には読破には最低でも数年の待機時間が必要な文章量の小説なのだ。
考えて、図書館で”アニメ絵本”なるダイジェスト版ともいえるかもしれないものを借りて読むことを提案した。ずいぶん娘は喜んだので、せっかくだから話題を合わせるべくワタシも久しぶりに小説版を読み直すことにした。


五輪中継を横目に読み始めたのですけれどね、児童小説というよりはああなんと美しい少女小説なことか。
アンがもはや実際のワタシの上の娘とほぼ同じ年の頃というのもあって、もう感情移入の仕方がこれまでの感慨と大きく違うのだから、まったく小説というものは恐ろしく素晴らしいものです。

アンのそそっかしさや夢見る奇妙な発言もなにしろ微笑ましいばかりなのだけれど、なにより自分のアンを見つめる目線がマシュウとマリラのそれになっているのだ。
子供どころか伴侶すら得なかったマシュウ、マリラ兄妹は正しく偏屈ともいえる身を律した暮らしをひたすら送り続けるだけですっかり年老いて、生活の華、潤い、生き甲斐といったものから無縁だったのだ。
そして年老いた兄妹の地味で堅実な彩のない暮らしにハプニングで訪れた孤児の少女は天使のように微笑みをふりまくのだ。それがどれだけ素晴らしきことなのか。
いかん、もはや泣けてくる。


シリーズ続きも読んで大いにニコニコしたいと思う。




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1029位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。