スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カセットテープの青春

先日ふと、20年位前によく聴いていた曲が頭の中で流れ出した。
ああ久しぶりに聴きたいものだなぁと思ったのだけれど、当時ワタシはその曲が入っているアルバムCDをレンタルしてきてカセットテープにダビングしたものを聴いていたのだ。なにしろ貧乏学生だったのでアルバムCDなぞはワタシにとっては高価なモノの部類だったから、「レンタルしてカセットテープにダビングする」ことで聴くのがワタシのスタンダードだったのだ。きっと同年代ならばその方式に懐かしく感じる方々も多いかと思う。

多くあった他のカセットテープはその後の20年間でほぼ処分したのだが、その曲(正確にはアルバム2枚)をダビングしたカセットテープ(54分2本)だけは現在まで後生大事に所有し続けてきた。何故か、それを語るには曖昧なような感傷的なような、まあちょっと言葉にするのは難しい。
ずいぶん前に買って今は家中誰も使っていないCDラジカセが娘の部屋に置きっぱなしになっていたのも思い出したので、もう10数年以上ぶりにそのカセットテープをまわしてみることにした。

おお、ちゃんと音がなる。っていうかちゃんと聴ける。
本当に久しぶりに聴いた上々颱風の「流れのままに」「仏の顔もIt's All Right」「愛よりも青い海」等等、歌詞を覚えるということが(とういうより歌詞のヒアリングができない)心底苦手なワタシなのだが、たぶん娘の頃相当聴いていたのだろう今もそらで歌えた。



上々颱風との出会いはワタシにとっては鮮烈だった。高校生の頃だった。
所属する映画研究部の活動で学校周辺で自主制作映画の撮影をしていたと記憶しているのだが、その時、なにやらちんどん屋みたいな奇抜な様相というかアジアンテイストな衣装を纏った集団がチラシを配り歩いていた。「上々颱風まつり(※)本日開催でーす!チンドン♪チキドン♪あ、高校生の諸君もぜひぜひ参加してくださーい!」なんて言ってその場にいた面子全員にチラシが手渡された。その集団はそのまま学校の周囲をちきどんちきどんなにやら鳴らしつつ去っていった。
ワタシたちはあっけにとられて言葉もなかった。まさに台風の如く陽気に風のような勢いで眼前で通過したからだ。
結局そのチラシの催しに参加はしなかったのだが(学校全体のはみ出し者っぽい部活に所属するような面子とはいえ、それなりに真面目な高校生だったので突発的に夜のイベントに参加するなぞできないって思っていた。今考えると惜しくてたまらん)、その後その奇妙な場面に出会った面々でことあるごとに「あの時上々颱風が…!」といちいち笑い話になった。
1991年のJALの沖縄キャンペーン「上々沖縄」のCMに「愛よりも青い海」がテレビで流れているのを聴いた時、もはや鳥肌がたった。あれはニアミスのような出会いだったのだ。そして貧乏学生のワタシはレンタルに走ったというわけだ。
(※なにしろ20年前ということで当事の記憶が薄れていて頂いたチラシももはや手元にないので正確にはわからず、ワタシとその仲間たちが出会った集団が「上々颱風まつり」と本当に謳っていたいたのかも定かではないのだが、なんとなくそんな風に言っていたような記憶の切れ端。これを書くにあたりググッたらば、同名のイベントがあったようだが、記憶している時期とずれているような気がしないでもない。しかし1990年か1991年の大阪寝屋川のライブイベントで間違いないと思う。)


あのちんどん屋ちっくなアジアンジプシーみたいな様相のチラシを配っていた彼らはライブイベントのスタッフなのかボランティアメンバーなのか、今となってはさっぱりわからんちんなのだが、でも当時のワタシにあまりにも鮮烈な印象を残したのだからグッジョブだったのだね。


後生大事にダビングしたカセットテープを持ち続けたのはアルバム「上々颱風」「上々颱風2」で、「上々颱風3」以降すべてではないがCDアルバムは購入してきた。なので先の2枚もエエ加減CDで買いなおしても全然ばちは当たらんと思ってこの度相方に相談したならばあっさり購入許可と言うよりも「そんなんくらいに好きに買えばええのに」と言われてしまった。まったくその通りだ。こんなにノリノリで歌って楽しんでいるのだから。


「仏の顔もIt's All Right」なんてホント名曲だ。
人間落ちるところまで落ち込んだらその言葉を思い出せば良いと思わされた「ちっちゃいこと気にしない♪ダメでもともと気にしない♪仏の顔もIt's All Right♪」である。娘の頃ワタシはこのフレーズにいやに感動した。

いや、今でもすごいと思う。







スポンサーサイト

Comment

淋しい熱帯魚 | URL | 2012.09.22 17:29 | Edit
ときどき拝読しております。どうしても筆を執り…もとい、キーボードを叩きたくなる内容でしたので、書き込ませていただきます。
上々颱風!
私もJALのCMをきっかけに、レンタルショップで借りて、カセットにダビングし、テープが擦り切れるほど聴いたクチです。残念ながら上々颱風まつりの開催を知らせるちんどん屋に遭遇した記憶はありませんが…。
しばし当時に時間旅行した気分です。ありがとうございました。
ツモ | URL | 2012.09.24 17:57
無駄に長いチラシの裏なのにおつきあいいただき、こちらこそどうもありがとうございます。


やはり我々の年代ならばカセットテープですよね!
愛聴されたカセットはもう今はお持ちでないかもしれませんが、
ぜひ久々に上々颱風聴いてみてください。
ものすごく景気のいい気分になれます。

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1029位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。