スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衣替え

ようやく衣替え終了。
「夏→冬」は出すのが面倒で「冬→春」は収納するのが面倒だ。上の娘はもう思春期なので整理たんすひとつ与えてすべて本人任せだが、それ以外のワタシ、相方、下の娘の分はワタシがしなければならないのでそれなりに時間がかかる。ついでに処分祭りを同時開催するので半日はたっぷりかかるのだ。
お天気の良い日中、という良きタイミングで一気に片付けにかかるのだが、終えた後にほかになにもする気力が無くなってしまうので、本日はおでんの仕込みをしつつ取り組んだ。
これ、マンガのネタを参考にしている。


青木光恵「安田君とその妻君」は、”安田君”は実直なサラリーマンで”妻君”は”ダラ主婦でありつつ直木賞ならぬナヨキ賞候補になるようなそれなりの売れっ子物書き、という若い夫婦の日常を描いた4コマ系マンガである。
ネタのひとつに、妻君の黄菜子がおでんの仕込みをしてから原稿用紙に向かうも結局日が暮れても筆は進まず、「でも、でも、おでんはよう味しみてるもんなっ」と自分を慰める、といったものがある。
はい、これ本日の食卓にいただきました。というか、たびたびいただいております。ホンマ味しみてますわ。のんきにこれ書いてる最中にも今まさにおでんに味がしみていっていて偽ビールを飲みつつ待機中という幸せ。
似たネタで、筆の進まない妻君が山ほど餃子を作る、もある。
巻末に寺島令子センセの解説マンガもあってお徳感倍増。たびたび読み直します。


大島弓子氏のサバとの生活を主としたエッセイマンガ連作はもはやワタシの殿堂入りのひとつで、ネコ成分のサバとのエピソードはもちろん素晴らしいことこの上ないのだが作者の生活面の描写も大変面白い。
作家本人の描写はずいぶんと浮世離れした雰囲気満載なのにネタそのものは所帯じみているあたりにワタシは妙に読みごたえを感じる。
「サバタイム」の11月のネタで、夢中になってしまって食事を忘れてしまう大掃除のために朝からお弁当を用意しておく、というエピソードが、なんだかものすごく好きだ。


おでんのように弁当も用意しちまえば、そういったことに集中しているワタシも手を止める煩わしさを感じたり食いっぱぐれたりすることはないのだね、と思いつつおでんは仕込み始めても、上の娘のためにお弁当を毎朝用意していても、自分のためにはお弁当をわざわざ用意できない不思議さよ。




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
689位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。