スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ときめきトゥナイト」

第一部蘭世編は途中までだけどリアルタイムで読んでました。

物理学的には~今のわたし~三角関係の~一点なの~♪って今でも歌えるもんね。
アニメ化もしましたよね。放送時間がそろばん教室に行く時間とかぶってしまってたのでちゃんとは見れなかったのだけど。それに、それちょっとどうよ?って感じの出来だったですけどね。

それはさておき、連載が始まった当初こんな長いお話になっちまうなんて読者はもちろん作者だって全然全く思ってなかったはずでして。
でも第一部は魔界と冥界の抗争の設定なんかも適当に楽しめたしなんとか話がまとまって蘭世と真壁君もちゃんとくっついてめでたしめでたしでよかったんじゃないか、と。
でもね、第二部になって、ん?ってなもんでした。なんでなるみちゃんがメインになるか?みたいな。なるみちゃん嫌いではないですけどね。けど人間が偶然おかしな能力を手に入れるって、そりゃなんですか?みたいな。時折登場する夫婦になった蘭世と真壁君、すっかりいい王様になったアロンなんかが出てくるのは楽しみだったですけど。
で、第三部になって今度は蘭世の娘愛良が主役になるのだけど、そんな幼い女の子がメインになられても正直困ります。真壁家の皆様がじゃんじゃんじゃかじゃか登場するので蘭世や真壁くんの親っぷりなんかを見るのは楽しかったのですが、ストーリーなんかは右から左へ流す、みたいな読み方になってしまって。

でも全部読みましたねー。完結編までしっかりと。
第三部は大人買いしました。第二部までの単行本はなんだかんだ言いながらも全部買って読んでいて、でもその後は読まずにずっといたのだけど、ある日ふと、えーいやっぱりこうなったら最後までつきあっちゃうわよ!と鼻息も荒く思い立ったわけでして。
長い話になるとおなじみの登場人物が増えて話への興味というよりは登場人物たちへのもはや愛を持ってしまうものですから、だったらやっぱり最後までちゃんと付き合うのが正しい姿かな、と。
それと自分の子供の頃の思い出としても捨てきれないものがありますね。話の芯が弱いので横道に大きく逸れておかしな方向に行ったりもするし決して出来の良いマンガとは言えないと思いますが、しかし少女期に出会ったものであるならば誰もがその懐かしさにどこか心が惹かれるのでは?
「ときめきトゥナイト」は私にはそういった感じのものなのです。

ところで真壁君がかっこいい、と思った人は多いと思いますが私も子供の頃はそのひとりでした。なんだか不良っぽくて素敵、なんてね。でも確かに真壁君はかっこいい部分もたくさんあるとは思いますが、蘭世にきちんと想いを口にしないで「口で言うのは苦手だ、性に合わない」と逃げ回るあたり、ちょっと男らしくねーなー、と思うのです。あまり無駄に「好きだ!」とか言い過ぎる男もどうかと思いますが、要所要所ではビシッと言葉にしないとダメってもんです。で、言葉にしないくせにしっかりチューはしちゃうんだもんなー。それはどうよ?なのにその不器用さに実は萌えたりもするんですな。
アロンはね、わがまま王子ってのは別にいいんですけどね。ホレ薬で蘭世をどうにかしちゃおう、みたいなあたりはちょっと待てや、コラ!みたいな感じですが、可愛いし愛嬌はあるし、真壁君と和解して仲良し兄弟になって以降はなかなかの男っぷりで悪くない。けど萌えないんだな。
カルロはね、いい男なんですよ。はっきり言って真壁君よりずっといい男ですよ。でもねー、なんだか私は萌えないんだな。何故だろう?意外に薄味なキャラだったような気がするんですよ。話の流れ的に絶対蘭世とどーのこーのがないって見えてたし、無理矢理押し倒しそうでもなかったしね。(当時のりぼん的には絶対ない流れだし)
あ、いるいる、ものすごーくいい男。蘭世のお父さんの望里さん。この人が一番素敵な男性だわ。優しくて頭も良くてロマンチストでダンディ、家族を心から愛し守る。あら~素敵だわ。
スポンサーサイト

Comment

はるのすけ | URL | 2008.02.10 00:28
そんな話になってたんですね。
ラブコメかと思ってました。
大河ドラマやん、ジョジョみたいな。
ツモ | URL | 2008.02.12 17:45
はるのすけさん

いえ、ラブコメで間違いないです。
ただ結果的に話の全体構造が大河化してしまった感じですね。

ジョジョは第一部しかまともに読んでません。家に文庫版があるので読んでみます。
Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
661位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。