スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバチャンのバイタリティある旅路

先日のお伊勢参りではとかく団体観光客が多かった。次々にバスが到着しゾロゾロとツアー団体のかたまりがそこかしで形成されていた。
門前通りの人出はあふれこぼれんばかりで、多くの女性、ことにバスツアーで参拝したであろう年配のご婦人方があちらの土産こちらの名産にドドッスタタッと歩み寄り、味見し評価し品定めしを繰り返す様は精力的で、もはや感心させられた。
あら、これ美味しそうじゃない?でもこっちも美味しそうよぉ、私はあっちの方が気になるわー、あらあなたそれ買うの?ねえちょっとあそこのあれもステキよぉ、なんて感じでお友達らと話しつつご家族やご近所への土産を吟味するご婦人方はなんともエネルギッシュに見えて、そういう方向への意欲が薄いワタシは圧倒されるばかりだった。
(参拝の作法の心得がいまひとつのワタシら程度の庶民に天照大神さまはきっと、愚民はしょうがないわねぇ、なんつって見逃してくれるだろーよ、なんてよくわからん妄想をするような方向には意欲的なワタシなのだが)
そういえば帰省の際の高速道路のサービスエリアでも精力的に土産物を選び買う人々、ことご婦人方からはなんかようわからんパワーが放電されているかのごとく感じられ、ワタシはてんでさっぱりだがうちの相方はなんか土産物名産物が大好きでそういう場では妙に元気なのだがそれも団体のご婦人方のパワーには敵わない。
オバチャンは旅先でとんでもなく元気な人が多い、とつくづく思う。


田辺聖子『姥ざかり花の旅笠ー小田宅子の「東路日記」』は、江戸天保の頃、筑前の商家の奥さん方がお伊勢参りに旅立ち、足を延ばして善光寺、日光、江戸見物から復路東海道、京・大坂、と海路陸路、関所抜けの難関山道をたくましく意欲的に半年近く旅した旅行記で、おせいさんが当時の情勢、風俗等を多くの他文献や取材、調査、考察から、旅行記の進行とともに解説しかつ私見感想を加えたものである。

書き手の小田宅子は俳優高倉健の5代前のご先祖さまで、なかなかに裕福な商家の奥さん、現代で言うならセレブとは言わないが中の上のお家の奥さんだったらしく、家業を切り盛りし家内も立派に切り盛りし地元の歌壇をリードした歌人の門人として知識教養も深めた、つまりはスーパー兼業主婦だったようだ。

旅路の一行は50代主婦が中心あとは数人のおつきの男衆。今なら車や鉄道、空路でピューという距離だが大半が徒歩で旅するのは現代でいうならば半年近く個人旅行で個人の采配で海外を旅すると似ているか。
ある程度は旅路の計画を立てていただろうが現代のような通信網があるわけでもない時代で現地の情報が少ない故行き当たりばったりのことも多かったようだ。
しかし奥さん方はガシガシ進む。ドンドン歩む。
観たい名所旧跡、買いたい名産品、観たかった芝居、ジャンジャンこなしていく。
歌人の門人らしく、心惹かれたり琴線に触れたりの物事、場所での歌も詠う。

宅子さんたちは酸いも甘いも知った老年手前で、おせいさん曰く「姥ざかり」の妙齢。悪路難路に疲れても困っても結局は大丈夫、と人生のキャリアからくる余裕をどこか感じさせられる。
美しいものは感嘆し、愉快なものには大笑い、憐れを感じれば涙を誘われ、と感情豊かながらにも何事かあった時には上手く立ち回る怜悧さもある。

おせいさんの訳というよりは解説、いや紹介というべきか、とにかく語りが軽妙で、いつしか宅子さんたちの旅路に気持ちが同調させられるかのよう。
宅子さんらが歌枕ゆかりの地を訪れれば景色を眺めつつ、ステキねぇ…!、と古歌を思い浮かべながら様々な想像というよりは妄想にふける姿を想像できるし、名産品に出会えば一行で、まあ!これキレイ!あら、これもステキよぉ!あなたにはこれが似合っててよ、なんて会話をしたのでないかと思わせられる。思わぬ場所で地元のゆかりの人に出会ったことにキャーキャー喜びつつも思わず涙もこぼれそうになる感動が想像できる。
宅子さんらは一行でドドッと行動したかと思えば各々の希望でグループ分けして別行動したりもする。つまらぬ気を遣いまくるわけでなく個人行動も尊重され、充実したツアーを楽しんでいるのだ。くだらない馴れ合いのない大人の女性一行なのだ。


オバチャンと揶揄されても、そういった大人の冷静さと余裕を持ち合わすことができるのはやはり多くは中年以降になってからだと思わされることが多いのは事実だとワタシは思っている。
若さが持つ可能性は無限大で素晴らしいがそれを善きものにできるかは個人次第だが、正しく生きているキャリアはその積み重ねの年月がものを言うからこそ、微笑みだけで物事を凌駕する力になるのでないか。


ワタシは正しい中年になりたい。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1837位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1011位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。