スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ再び

小惑星探査機はやぶさの映画3本観たので簡単に感想を。


「はやぶさ/HAYABUSA」
メガネ理系女子に扮した竹内結子の魅力あふれる作品だったか、と。

「はやぶさ 遥かなる帰還」
おっさんたちの魅力あふれる作品だったか、と。

「おかえり、はやぶさ」
子供向けヒーローものの作りだったか、と。


事実は小説より奇なり、であるからして、やっぱりエンターテインメントに過ぎないこれらはまあこんなもんかな、ってところである。
でもやっぱり泣くわー。どこで泣くって、打ち上げの画ですでになんかじんわり泣けてくる。
正直なところそれぞれの作品の人間ドラマな部分は記憶にあまり残らない。かなり想像がしやすいドラマ展開な演出が安っぽくなってしまっているけれど、はやぶさの軌跡と絡めるためという意味ではわかりやすい、という点では悪くはないのだろうとも思う。
はやぶさのイメージCGが出てくるのも画的に必要なのだろうけれど多用は無用かと思った。どの作品でどの程度使われたかは記憶が定かでないが、少なくとも大気圏突入時の燃え尽きていくはやぶさのCGは不要かと思った。実際に記録された地上からの火球の画だけで十分だ。
逆に、打ち上げ時のはやぶさの太陽電池パドル展開のCGは何故か泣けるんだよな。あ、3作品の中にその画はあったっけ?いろんな画と動画がごちゃごちゃになってるかも。


登場人物は実在の人物がモデルになっているのが(当たり前だが)多く、3作品で見比べたりするのも楽しいかもしれない。
例えば川口淳一郎プロジェクトマネージャーの場合、

「はやぶさ/HAYABUSA」
川渕幸一・佐野史郎

「はやぶさ 遥かなる帰還」
山口駿一郎・渡辺謙

「おかえり、はやぶさ」
江本智彦・大杉漣

となっていて、作品内での立ち位置や演出はそれぞれ異なっても、ここぞという時の実際の川口先生の発言らしきものが決め台詞としていずれの作品もが採用していたりするのは面白かった。



で、「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」(通称HBTTE)は?、と聞かれてしまうと、ごめんなさい観ていないのです。プラネタリウム版のこれ一番観たかったのにどうしても機会が得られなくて。
はやぶさファンの人は間違いなくこれが一押しみたいです。


帰還前に製作された作品ではあるけれど「はやぶさ物語 祈り」は、いつ観てもなんど観てもじんわり涙がうかぶ。
ワタシがはやぶさ関連で初めて観たのはこれ。そもそもどうしてここにたどり着いたかはよく覚えていないけれど、はやぶさの帰還がかなり確実になってきた頃にたどりついて食い入るように観た。泣いた。

エンターテインメント系動画「こんなこともあろうかと!」で有名なこちらとこちら完結編は、泣き笑いの珠玉作品。これを観るためにワタシは初めてニコ動に足を踏み入れたのです。






スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
886位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。