スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛マンガ

今年の前半はほとんど小説は読まなかったので(特に理由はないのだけれど)後半もあまり読まないままで一年終えるかもな、とちょっと思った盛夏。その後の追い込みか!?みたいなペースの読書量はこれ如何に。
不得手になってしまったと思い込んでいた恋愛小説が解禁となった途端に、水を得た魚とでもいいましょうか。つまりは恋愛小説はもともと最も好むジャンルだったわけで、現実生活の心境がしばらく恋愛小説と合わなかっただけで、それが元に戻っただけのことといいましょうか。(たんなるタイミング、と言える)ともかく貪る様に本を読みまくる毎日だったりします。

もうものすごくマンガ離れ。マンガよりも今は小説読みたい。

いや、あのね、マンガは今でも大好きなんでごんす。マンガから足を洗うとかなんて、もう全然全く考えられんもんね。ワタクシの本棚は活字モノとマンガがしっかり半々に並んでおます。どちらも大事で大好き。

しかしですね、近頃マンガのなにが困ってるかというと、一体なにを読んだものやらいいのかさっぱりということなのです。現在大切に保管してあるマンガは多くありますが、いつもいつもそれを読み返すばかりではつまらないし、新しい本棚の住人を迎えようにも今後佳きお付き合いが出来そうなものでないと淋しい。ワタクシには新しい情報が少なすぎる。鋭意努力すればよいだけなのかもしれんが、どうも世代交代の果てにワタクシが馴染めるような愛せるようなマンガが減ってしまっているのかもしれん、という恐れをかなり感じたりしてるわけです。

で、貪るように小説を読みまくっている毎日、ふと「こーいう感じのマンガが読みたいだけなんだけどなー」と思うのです。
少女マンガが大好きで実は恋愛小説が大好きで、という面構えに全く似合いもしないワタクシの趣味は、ジャンルを超えても結構一貫していると思います。小説にしろマンガにしろ、映画でも(今はもうあまり観なくなってしまったけれど)。言葉で言い表すのはちょっと難しいのですが、自分にぴったりくる、というかしっくりくる、というか。そういうのは誰にでもあるものなのでしょうが。

近年自分が未読だったマンガで、マンガ読みの友人から薦められて読んだものなんかでとても気に入ったものというのは、大半が大御所系の旧作がほとんどです。当世風のものも読まないではないのだけれど、ワタクシの本棚の「殿堂」に入れるようなものがなかなか現れず。(格付けのあるワタクシの本棚でありんす)

ワタクシの固定観念が当世風のマンガを受け付けられない可能性はかなりあると思うのですが、ワタクシが求めるような作品は昔から普通にあるものだとも思うのです。結局「イマドキの若いモンは・・・」みたいな歳に自分がなってしまったということなのでしょうか。


「自分の本棚のマンガを紹介」的な具合でここに細々と書き連ねてまいりましたが、今後それに小説などの感想も加えていこうと思います。うはは、無駄に前振りの長かった方針変更の宣言。マンガだけででは行き詰まり、というより自分がつまんね。好きなもんは書きたいからさ。制限するのがつらくなったっていうか。けれどワタクシ別に学なんかないもんね。素晴らしく論じたりできませんから。好きだから好きなのよー、みたいなことしか書けねー。ただこれだけは決めてる。悪口は書かない。ちょっとは書くけど。別に万民に良い人に見られたいのでなくて、どんなものにでもどこかしらの良い点があるはずだから、そこに注目したい。っていうか、そもそも悪口が先に出てくるようなものはネタにはしないし。(書評してる人はえらいと思う。批判するのは疲れる)好きなものしか書かない。
好きなものだけに囲まれて生きていけるわけでは全くないわけで、大半は妥協と譲歩の下に生きてるような気がしてるから、自分だけのスペースなんて実生活でどこにもないのだし(自分だけの書斎やらあるわけないじゃない!どこもかしかも共有だわよ)、ここくらいは自分の好き勝手に使いたいわん。

ああ、話がずれるずれる。
結論、小説だってマンガだって、ワタクシ同じ感覚で読んでるわけですよ。文学がどうたらなんか国文出だけど全然わからん。おもしろければそれでいいじゃない。つまんないマンガも多いようにつまんない文学も多くある。逆も然り。人によって受け取り方は変わります。売れてるけど自分にはおもしろく感じられない、逆にマイナーだけどおもしろい、こんなおもしろいのだから売れてるのもわかる、とか。
こんなネットの超辺境なんて、世論なんか知ったこっちゃないですからね。自分が好きだと思えば書きたいんですよ。

ああ、へべれけに酔いながら映画や小説を語った若かりし日々が恥ずかしく懐かしく。


(一応、今回の雑談シリーズはこれで終了。つまりはなにが言いたかったのだか、書いてて自分でもようわからんようになってしもた。別に専門家やあらへんのやしええのやけど。わはは。)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
711位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。