スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マヤの挫折~「華やかな迷路」編その2

「奇跡の人」のヘレン・ケラー役でアカデミー助演女優賞を受賞したマヤは、月影の意向で敵対関係にあった大都芸能の所属女優となる。急速にスターに仕立て上げようとする事務所側の、というよりは真澄の意向に翻弄されながらも目の前の演技に必死に取り組むマヤだが、なにも持つことなく身一つで生きてきたマヤが、それまでマヤを守るようにそばにいた善意の第三者から切り離され、周囲の言うがままに無理矢理多くのものを持たされることになったのだ。マヤは芝居のこと以外に全く知恵がまわらないし、なにも抱えたことがないものがいきなり訳もわからず多くのものを与えられ持たされて、上手く立ち回れるはずがないのだ。
環境を与えればどうにかなると云わんばかりの速水真澄のやり方だが、マヤにそういった面での教育を一切しなかったのが致命的である。マヤ自身別にスターになりたいわけでもなくただ芝居が好きなだけで、いつかは師匠である月影千草がかつて演じた「紅天女」を演じられる役者になろうと芸の精進には誠心誠意励むものの、その他の芸能界を生き抜く知識や渡世術は全くの人任せなのだ。演じること以外に関心があまり向かないせいである。

速水真澄は話題作りの一環としてマヤと春を劇的に再会させる計画を立てるのだが、最良のタイミングが訪れるまで春の居所をマスコミに察知されないように、春を監禁同様の状況に置く。春は結核を患い行き倒れていたところをある山奥の療養所で保護してもらいそのままそこにいたのだが、栄養失調が原因で目が不自由になっていた。真澄はその療養所の院長を買収し、春にアイドル女優として世間の人気者になっている娘のマヤの情報を一切耳に入れないように、春が一切誰とも接触しないように監視させていた。
これが無事母子再会できていたのなら不問にできたかもしれないが、春が偶然にもその計画を知り、盲目の身で決死の覚悟で療養所から逃げ出しマヤに会いに行こうとする。結核で弱りきった身体の上、途中で車と接触し頭部を強打する。命辛々辿り着いたマヤの主演する映画が上映されている映画館で、マヤのセリフを聞きながら死んでいくのだ。
もうこのエピソードのせいでこの章は読むに耐えない。何度読んでも泣いてしまう。実はこれを書くにあたって避けて通れないし確認も必要なためこの章を読んだけれど、やはりこの春の死あたりは泣いてしまった。

春は母として娘であるマヤをとても愛していたし大切に思っていた。ただ切迫した家計に追い詰められたような心理状況と不器用な性格からか否定的な言葉ばかり娘に投げかけてしまっていただけなのだ。しかし親子というのはほんの少しのふれあいで気持ちの行き違いを乗り越えることができるものだろう。その機会をこの母子は他人の欲や思惑に振り回されたあげく永久に奪われてしまったのだ。
もっと若かった頃のワタシはこのエピソードを母を失ったマヤの立場で読んでいたのだが、現在では母親としての春の立場で読むようになった。だから余計に辛く悲しくなる。
マヤが母を思うシーンはところどころに挿入されているが、春がマヤを思うほどに深刻さはない。いつか会えるはずだと信じて疑っていないのだ。まさに「孝行をしたい時分に親は無し」がわからない幼さなのだ。
春は自分の身体の衰えがよくわかっているしそう長く生きられない予感があっただろうからこそ、マヤに一目でいいから会いたいと切望していただろう。遠く離れた存在の自分の娘を一目見ることも叶わず、ただ娘の健康と無事と成功を祈って死んでいったであろう春の死が無念すぎる。

この母子は世の中を生き抜くにはあまりに不器用なのだ。もう少し春もマヤも上手く立ち回り賢く状況判断できていたならこれほど辛く悲しい別れをせずにすんだかもしれない。
春を監禁するのでなく他に方法はいくらでもあったろうと思う。例えば春に計画のすべてを打ち明けて大人しく時機を待つように説得すれば母子は無事に再会できたはずだ。

さらに春の死をきっかけにマヤの立場を奪おうとする輩が陰謀を企て、マヤはまんまとその罠にかかってしまう。これによりマヤは芸能界から追放同然となり女優生命が絶たれる状況に陥る。
ここでの真澄の対応もどうにも腑に落ちない。CMを降ろされたりドラマの役を降ろされたりは、本人の意思に関わらず世間を騒がせたスキャンダルのせいでどうしようもないのだから、ほとぼりが冷めるまでじっくり謹慎という形をとり再起のチャンスを待てばばよかっただけなのに、マヤを想う一心のあまりにか、時期尚早に復帰させようと試みるがすべてことごとく失敗するのである。マヤ自身が早い復帰をそう望んでいるわけでもないのだから、ここは真澄の完全な計算ミスなのだ。本当に仕事が完璧にできる奴なのか?と疑いたくなる。

で、もちろんこれはマンガで、このあたりが主人公の新たな歩みへの前哨だという作者の意図は当たり前だが読者としてわかっているのだけれど、主人公が苦境に陥って八方塞になっている様子ばかり立て続けに見せつけられるものだから、どうしても読むのが辛いのだ。
順風満帆ばかりのヒロインなど別に魅力を感じないけれど、それでもこのマヤの逆境は読むに耐えないエピソード続きで、何度も通読した『ガラスの仮面』であるがこの「華やかな迷路」編はとばして読んでいることが多い。
ただしこの読むに耐え難いエピソード続きの中で、初期意地悪ライバル役に感じた姫川亜弓の印象が180度変わるエピソードも含まれていて、そこはとても好きだ。


(続きます。)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1056位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
601位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。