スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グズグズしすぎ

さて、前回述べた「取っ組み合い大喧嘩」エピソードは大変端的にマヤと亜弓のキャラクタ説明がされてる場面でもある。
マヤは天才的な演技力を持つにも関わらず、そもそもの育ちがコンプレックスとなっているのかいつも自信なさ気で第三者には卑屈に感じられるような態度や振る舞いをしてしまいがちな娘である。
亜弓(さん付けしたいところだが、統一性を保つため止めにしておく)は、本音をなかなか表に出せない警戒心の強い娘。友達がいない淋しい人。努力の人なので天才の人ととらえられてしまうことを苦痛に感じている。


ワタシは貧しい暮らしの中で底辺から夢の頂点へ上るため邁進して成功し一転して失脚し、また這い上がろうと情熱を燃やすマヤが大好きだった。「100万の虹」編~「冬の星座」編~「紫の影」編が最もワタシの好きな流れである。
芸能界を追われてしまったマヤがいつの日か必ず再び自分と同じポジションまで這い上がってくると信じて疑わない亜弓は「まってるわよ」というただ一言の激励をおくる。マヤはこれに奮起し、再びなにも持たずなにも与えられずの状況からたった一人で再び紅天女を目指して歩き始める。類まれな才能を持っている自分がよくわかっていなくて自分を卑下しがちなマヤだったが、大きな試練をひとつひとつ自分の力で乗り越えていくことで少しずつではあるが自信をつけていき次第に観客の賞賛を得ていくのだが、これが最もマヤがポジティブな時期である。絶望の中でも決して希望を捨てなかったのだから、ぐずぐずしがちなマヤにしてはでかした!である。

しかしこの後「紅天女」編に入ってからのマヤというのは、自分の恋に悩んではぐずぐずし、亜弓の演技の技術力の高さを見せ付けられてはぐずぐず悩み、とまるで振り出しに戻ったかのような姿である。それでも紅天女のためのエチュードは独創的な閃きと演技を見せてそこは主人公として堂々たる姿なのだが、反面妙な天然っぷりが水のエチュードあたりから特に多く見られて、そこがワタシにはイラッとさせられる。
考えて考えた末に論理的に自分の演技を作り上げる亜弓と、直感的に閃いた感覚で演技するマヤとの対比の姿を描いているのはわかるが、マヤの言動がなんというか全般的にバカっぽくて、亜弓がそこにイラッときてる描写にとても共感してしまう。マヤは確かにそれほど頭がいいわけではないが、さまざまな経験がマヤを大人に成長させてきたはずで、勉強はできないかもしれないが再起のために奮起するマヤは決してバカなお嬢ちゃんなどではなかった。

紅天女を目前に控え神経を張り詰めて緊張し、しかし勤めて冷静に理知的であろうとする亜弓のまとう空気は近寄りがたいものであるはずだ。しかしそれを全く意に介さないかのようなマヤのマイペースっぷりは頼もしいといえば頼もしいが、マヤなりに真剣に演技に取り組んでいるとはいえ、どうにも緊張感が薄く感じられて、むやみに演じることに心躍らせたりしている描写が多くて、正直そのバカっぽさにひいてしまうこともしばしばだ。能天気に見えてしまうのだ。一方恋のことではこれでもか!というほどにぐずぐず悩んでいるので、まあこれに関しては状況が状況なので致し方ないとしても、マヤの天才的な演技を第一に楽しみにしているワタシとしては、ぐずぐず続きはうんざりだ。


(続きます。)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
3685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1874位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。