スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わーい、おうちにかえう

こなみかなた「チーズスイートホーム」、
本屋で表紙を見かけてからずっとずっと気になっていた。


ワタシはネコ派。
犬も大好きなのだけど、二択だったら断然ネコ。たぶん家に子犬のような幼児がいるせいだ。
それと実家でネコと一緒に暮していたからだ。


大昔、初めて海外旅行に行ったときのこと。

ローマのコロッセオに見学に行ったら、周辺にやたらとネコがいた。コロッセオよりもネコの写真を撮るのに必死になってしまった。
ホテルでスーツケースの整理をしていたら、持ってきていたセーターに自宅のネコの毛がくっついているのに気がついた。その旅行はロンドン・ローマ・パリと2週間周遊するもので、ネコ毛に気がついたのは最後の滞在先のパリでのことだった。

「毛一本だけだけど、一緒に旅しちゃったなー」なんて、本気で思った。


チーを見ていると実家のネコがうちにやってきた時の頃のことを思い出す。

手のひらにのるほど小さかった2匹のネコは親父が拾ってきた。仕事の最中に偶然見つけてしまって見捨てるには忍びなくて拾ってしまった。誰かが飼ってくれるかもしれない、とその日あらゆる営業先で打診してみたが引き取ってくれる人は現れず、結局自分が連れて帰ってきた。

それからもう16~17年になる。2匹とも健在だ。家ネコなので年老いたはずの現在も子猫のように振舞うところがある。出来るなら穏やかに天寿を全うしてほしい。


うちの子供たちもネコがとても好きで「飼いたい」と何度も訴えるのだが、借り物の我が家はペット不可なのだ。しかも上の子はネコアレルギーがある。にも関わらずネコと共に暮す楽しさを夢見ている。いつの日かもしかしたらネコアレルギーが改善されるかもしれないし、万が一にも宝くじなんかが一発当たって今のしがない住居から移住できるやもしれぬ。
だからそれまではネコマンガで納得してもらいたい。ワタシだってネコマンガで欲求を穴埋めしているようなものだ。


しかしチーの姿は、振る舞いは、妄想を膨大にする。
なんてかわいいのだろう。
もはや癒しだ。

最近かなり面白くないことがあり、「せっかく有り得ない位に頑張って大掃除までしたのに」とか思って、しばらく不貞腐れていた。でも燦燦とした春の陽気に誘われて下の子と一緒に近くの公園に出かけてみたら、散歩中のネコに出会った。草むらにネコの姿。たんぽぽが一面に咲いていて草は青々と茂り。素晴らしい画だ。不貞腐れていたネガティブな気分が少し翔んで消えた気がした。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1029位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。