スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えとは別の場所

大島弓子にネコといえば、『綿の国星』とサバである。
『綿の国星』は子猫のチビが見つめる猫社会と人間社会が描かれている。サバは氏の飼い猫の名前で、ともに暮らす日々を描いたエッセイマンガがいくつかある。物語とエッセイマンガという大きな違いがあるのだが、大きな共通点があってどちらもネコが人の姿で描かれている。パッと見ただけならばそこに描かれているのがネコであることに気がつかないかもしれない。実際ワタシがはじめて『綿の国星』を目にしたのはかなり子供のころだったと思うが、一体なんのマンガなのかすぐには理解できなかった。

『綿の国星』のチビは予備校生の少年に拾われた子猫だが、高級長毛種の血を濃くうけているらしく、またチビ自身がなんの根拠があってなのかはわからないが、今はまだ子供で猫の姿をしているがいつの日か人間に変わると信じていて、自分が半人間だと思っているから、ということでとても愛らしい幼い女の子の姿で登場する。のちにあくまでも猫は猫であり、人間は人間であり、そもそもの種が違うのだから猫が人間に変わるということはない、ということを理解するのだが、それでも全篇その姿のままだ。チビの出会う様々な猫たちもそれぞれ人間の姿で登場する。全体が線の細いおとぎ話のような繊細な画で描かれていて、ファンタジックな雰囲気に満ちている。

サバのエッセイマンガは画があまり描きこまれておらず、見る、よりも読む、が主体である。ネコがいる日常を主としたエッセイマンガであるからして、ネコへの親バカっぷりにあふれている、かというと、氏についてはそれは当て嵌まらない。もちろんネコ愛はあふれているのだけれど、一般的なネコマンガの枠には当て嵌まらないといえるのではないだろうか。

大島弓子の世界に慣れ親しんだ読者なら当たり前のものであろうが、夢見るような綿菓子のようにふわふわとしながらリズミカルに言葉遊びを楽しむようでいて、そこかしこからのぞくシニカルな表現。これら大島ワールドの言葉の数々が洪水のごとく溢れ、ネコ萌えを求めるにはちょっと、いやかなり違うのではないかとワタシには思える。

そもそも大島弓子と萌えとは、かけ離れた世界に思うのだ。




スポンサーサイト

Comment

はるのすけ | URL | 2009.11.10 14:47
昔、やってたよねー!頭から耳が出てるやつだよね。
ツモ | URL | 2009.11.10 16:21
人の姿なんだけど頭に猫耳があるんだよー。
あら、猫耳、とかいうと萌えのハシリみたいだな。
Comment Form
公開設定

いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
711位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。