スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12日目

自分用の記録にすぎないです。
ネタばれしまくりです。











石版探しの旅12日目。


コスタール続き~現代コスタール。


赤ちゃんがひどい目にあってる話はイヤだなぁ。
大灯台めんどくさい。動く石で一度は落ちる。でも意外と嫌いじゃない。ゼルダの操作に比べたら全然簡単だもんね。
マール・デ・ドラゴーンの話がさんざん出てくるのに実際会うのはもうしばらく先で、吟遊詩人の昔語りに聴く大海賊への期待が高まるんだわ。

現代に戻って、国の変わりっぷりに驚かされる。
過去の、造りがとても美しい国なのに重く暗い空気に包まれていて美しさがはかなく感じるほどだったのに、
音楽もラテンでまあずいぶんと雰囲気変わっちまって。

適当に貯まったゴールドは前々から少しずつカジノのコインにしておいた。
武器も防具もそう頻繁に買い換えないからゴールド余ってくるんだよね。
でもいつも本編プレイ中はほとんどカジノ遊びしない。魅力的な景品はあるけれどなんかやらない。


さて、神殿の台座にすべて石版はおさまった。そろそろ、だなぁ、と思って、ならば、とほったらかしにしてた移民集めをする。一応ここまでで集められるすべての人を集めたみたい。すれちがい通信は全然やってない。

マリベルがいなくなってから会話があまり面白くない。
アイラってどうにも中途半端な立ち位置だな。





11日目

自分用の記録にすぎないです。
ネタばれしまくりです。











石版探しの旅11日目。

聖風の谷続き~コスタール過去途中。


ヘルクラウダーさんの強さは前々からよく知っておりましたでー、ってなもんで、とりあえずしんくう波かまされた時の対策としてはHPは200くらいほしいというのとやっぱりベホマラーだな、ってことで、フィリアを置き去りにして現在に戻る。

主人公パラディン、ガボがバトルマスター(マスター済み)、メルビン賢者、アイラはとりあえずやっつけで魔法戦士にしてヘルクラウダー2戦目。作戦を間違ってAIに任せたまま戦闘に突入してしまい、開始早々ヘルクラウダーさんのしんくう波バシバシにくらって全滅。あうー。
すぐさま3戦目、パラディン主人公がベホマラーの回復役に徹することで安定。
ヘルクラウダーさんだけはいつもいつも苦戦する。9の宝の地図ダンジョンで出会うヘルクラウダーなんてこっちがスキル上げまくってるからだろうけれど屁みたいなもんなのになぁ。


で、レブレサック。
ああいやだ。
過去ではもうどうしようもなくしょうがない事態だったと考えることはできる。「焼き殺せ!」って村人が煽りまくるのはめちゃくちゃ怖いけど、でもそれだけの恐怖と憎しみにとらわれてみんなおかしくなっちまってるからね。
神父さんの選択は高潔だ、と言えるし、それしかないよね…、とも思う。

でも現代、あそこはダメだ。
歴史改ざんが問題なのではない。いやもちろん生き証人としてはイヤな気分になるけれどもね。
それよりも、こどもたちはまだしも大人たちが小さな子を嘘つき、ホラ吹き呼ばわりしてのけ者にして平然としているのがむかつく。薄暗い村社会すぎてものすごくイヤな気分になる。
ネットで「あんまりレブレサックに腹が立ったから村長の家にうまのふんを捨てまくってやった」という書き込みを見かけたので、それに倣って、なんのために持っているのかいまいちわからないうまのふんを村長のそばでポイポイ捨ててきた。でも全然スッキリしない。


いよいよコスタール。
国の造りがかっこいい。

ホビットのどうくつのカエルとタツノオトシゴにはPS版でいつもいつもそれはヘルクラウダーさん並に苦労させられてきた。今回はウールガードでバッチシ。
PS版の時は職業は本当に複雑だった。職歴技がやっかいすぎた。そこが面白かったのだけれど、なにしろワタシはあまり頭が良くないもんで、戦略と合わせて職に効率よく就くというのが下手くそすぎたのが一番の敗因。

ひかりゴケ採って終了。







10日目

自分用の記録にすぎないです。
ネタばれしまくりです。













石版探しの旅10日目。


ルーメン続き~聖風の谷過去途中。


ルーメン過去続きから。
ヘルバオムきもい。チビィけなげ。
ルーメンは”天丼”イベントで面白い。しかも三度目の正直の選択次第では、というオチつき。
ワタシはPS版初回プレイからルーメンを崩壊させなかったしその後何度プレイしても崩壊ルートは選ばなかった。一度くらい崩壊ルーメン見てみるべきか?でもチビィぼこるのイヤだし…。虫は苦手だがチビィは別だ。

さてルーメン真解放後マリベル離脱。
これもPS版初回プレイ時驚いた。ありえん。
親孝行は大事だがプレイヤーはほとほと困り果てるのだ。

で、代わりにアイラ加入。
けれどこの時点で、それまで構想していたパーティの職業構成がまたも崩れるのが厄介。もちろん事前に知っていてプレイしてるわけだが、でもやっぱり困ってしまった。

離脱中のマリベルは復帰後すぐ賢者にする。すでにスーパースターは習得済み。賢者マスター後は天地雷鳴士を目指してもいいし賢者かスーパースターのままでもいい。
メルビンは現在キャリアが浅いとはいえ、天地雷鳴士目指して修行中。現在吟遊詩人。
主人公はゴッドハンドルートで海賊はマスター済み。現在パラディン。
ガボは魔物ハンターとバトルマスターをマスターしたもののその後どうするか思案中。とりあえずパラディン目指すために僧侶修行中。
アイラはどうしよう。ワタシのイメージとしてはスーパースター一択なんだけど。のちに選択肢を広げる意味合いで魔法使いはマスターした。

ヘルクラウダー一戦目惨敗、いやん、で終了。






9日目

自分用の記録にすぎないです。
ネタばれしまくりです。












石版探しの旅9日目。


マーディラス過去~ルーメン過去途中。

戦争のひどく爪あと残るラグラーズから目と鼻の先のマーディラスも到着早々ものものしい雰囲気。フォーリッシュとここはファンタジーの世界から離れた重苦しいものがある。

強制負けイベントって初回プレイだとびっくりだわね。
敵のあまりの強さに驚愕した後の、え、なにこれ?イベントなの?っていう脱力感からの本戦開始。
さざなみの剣のマホカンタとしゅくふくの杖回復がよう役立つわ。

で、城と大神殿行ったり来たりの合間にちしきのぼうしイベントこなしてからリートルードのかしこさコンテスト、マリベルとメルビンで獲る。

現在に戻って、姫かわいいわー。


で、ここで今回初めて石版が足りなくなって迷う。
迷うって言っても、おそらくはあそこだよね、ってわかってるけど。
でも、過去の世界に再び訪れる必要性をすぐに思いつけるかどうかっていうのはみんながみんなは無理でしょう。
ということで再び過去砂漠へ。国をあげての復興作業中。
女王に、みなさんの訪問を心待ちにしていた、みたいなこと言われたけど、あのドタバタの最中に「お礼がしたいからまた絶対来てね」なんて言われてもすぐ忘れるっつーの。


で、石版がそろったのでルーメンへ。
もうここも何往復もするぞー、ですから。
ロッキー…。
とりあえず闇のドラゴンぼこって終了。





8日目

自分用の記録にすぎないです。
ネタばれしまくりです。











石版探しの旅8日目。


ハーメリア現在~プロビナ~マーディラス到着まで。

メルビン加入してパーティ全体の職業バランスに悩む。
とりあえずガボがマスターした魔物ハンターのしゃくねつが強すぎ。マリベルのスーパースターの補助技も冴え渡る。上級職はかなり優秀だが転職すれば技の引継ぎがない。基本職は早めに取得すべき。

砂漠の考古学先生がもっと紳士的になったようなアズモフ先生。弟子のベック君といいコンビだ。でもやっぱりおつかい頼んでくるんだけどね。


プロビナ。
神父様は立派な方だが、武器屋の親父もええ男やわ。ワンコの忠実さもステキ。
魔物が襲ってきても村民の男衆はみななかなかに勇敢で、村長の息子の勇み足の馬鹿さ加減が目立ってしまう。

リートルードのコンテストに再挑戦。
とりあえずスーパースターのマリベルでかっこよさ賞を、と思うもなんかポイント上げるのに苦労する。主人公がかっこよさ賞あっさりとる。シルバートレイ持てばバニー姿のマリベルも敵なしとなる。

マーディラス地方へ。
先長くかかりそうなためとりあえずラグラーズに到着して終了。







いらっしゃいませ。

ツモ

Author:ツモ
30代後半女。
→四十路突入。
→もうすぐバカボンのパパ越え。
→日本女性の平均寿命に向かって折り返し地点あたり。別にそこまで長く生きたいわけでもない。とりあえずの目標はこの先20年くらい。

暴れまわった娘時代の反動か、自宅にひきこもりがち。相方、娘二人と古都の端っこで地味に暮している。


気まぐれにしか更新しないくせに、記事がやたらと長くなる傾向にある。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02 
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
2556位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1243位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。